カードリスト / 第1弾 / 群雄 / 区星


武将名おうせい
区星「黄巾の乱なんて小っちぇえ!
  もっとでかい乱を起こしてやるぜ!」

長沙の賊。黄巾の乱以降も続いた混乱に乗じて反乱を起こした。将軍を自称し、従う兵は一万人以上だったといわれる。しかし、太守に任じられた孫堅が長沙に派遣されると、一か月と経たずに区星の乱は鎮圧された。
コスト2.0
兵種攻城兵
能力武力8 知力4 征圧力0
官職武官
特技-
将器城門特攻 速度上昇 地の利
計略強化戦法武力が上がる
必要士気4
Illustration : ChatalawCharacter Voice : 落合福嗣


天地大将軍を名乗り長沙を荒らした賊。義勇ロードではナントカ大将軍呼ばわりされている。

数値はコスト2の武闘派として不足ない8/4。兵種上アタッカーとしては期待できないが、壁役としては十分な耐久力を持つ。
とにかくこのカードの売りとなるのは、共に第1弾の攻城兵では最高となる武力8・コスト2から繰り出される攻城力。
ver1.0.7Aで攻城兵の攻城力がさらに上昇したため、壁ですら一撃で半分以上もぎとり、2回入れば落城、城門特攻付きの城門に至っては一撃必殺の威力を誇る。
その耐久力ゆえにそこらの低〜中武力ではそうそう排除出来ない為、相手に与えるプレッシャーは相当なものである。
将器士気上昇と法具まで組み込んで開幕魅力暴虐などでロマンを追求するのも一興。

将器は少々クセがあるが、城門特攻の場合は城門にいかにして1発をねじ込むかを考えるデッキ構築になり、
他2つは城門でも2確なので、城壁2確にシフトする形となる。が、城門以外は覚醒する価値はやや薄い。
地の利は体当たりで柵を溶かすことができるが、対戦相手や地形によって死に将器になる事があるのが痛い。

欠点は本来なら主力であるコスト2枠が攻城兵で埋まってしまう点と征圧力0という点で、どうしても白兵戦も征圧戦も不利になる。
ワンチャンスで区星を敵城にねじ込む以外の運用には全く以て適さないので、デッキもその事を念頭に入れた構成になるだろう。

登場バージョン

Ver.1.0.0C

Menu

最新の20件

2019-10-14 2019-10-13

今日の20件

  • counter: 37586
  • today: 11
  • yesterday: 16
  • online: 91