国庫


国庫とは

国庫とは国全体で共有する武器・品物の倉庫です。
国庫ポイントが毎年4月に5ポイント付与され、そのポイントを消費しアイテムを出納する事が出来ます。
基本は入庫に1ポイント、出庫にはポイントが必要ありませんが例外も存在します。
国庫を上手に活用する事で戦争でも、特に序盤は相手国と差がつきます。
また一般武将も国庫にあるアイテムは遠慮なく拝借しましょう。強力なアイテムも使われないと意味がありません。
本項では基本的な国庫の扱い方を執筆致します。

序盤の使い方

序盤の戦争は国庫の使い方がとても重要です。
なぜなら計略・ステータス共に差がほとんど無いのでアイテムが勝敗の差を分けます。
初戦を迎える前に国庫には攻城兵器や対人武器を詰め込むのが常套です。
また、政治家が開戦前に強力な文明固有アイテムや武器を入庫し武官に配布するのも重要でしょう。
とにかく序盤は手数が限られてるので一枚でも多く武官が抜けるように、少しでも城壁を削れるようにアイテムでのサポートをする事が命運を分けます。


優先入庫品
・破城槌、つるはし
基本。相手の都市や人数差に応じて2~3個用意したい。
これを国庫に用意してるかどうかで初戦の突破率が大きく変わると言っても過言ではありません。
開幕は全員対人で臨み壁が出たら攻城に持ち帰るのが理想の初戦となります。
つるはしは扱いが難しいので希望者がいない限りは破城槌で良いでしょう。

・オリジナル武器(対人)・ピコピコハンマー
オリ対の方が少し性能は劣るが若干安く壊れにくいので国庫向きか。こちらも数本用意しとくと安心。

・文明固有アイテム
文明毎の固有アイテムはとても有用です。
特に菌界や伊達の固有アイテムは強力なので開戦前に政治家が購入し国庫に入れておくと良いでしょう。

中盤以降の使い方

中盤以降は納品が増え入庫品の取捨選択が必要になってくる場面も多々あるかと思います。
君主や上層は国庫ポイントに気を配り入庫が追い付かない場合は適宜納品ストップをかける必要が出てきます。
また合成もこの時期から出来るようになってきます。
合成は強力なアイテムが作れるのでとても重要ですが合成素材が国庫を圧迫…なんて事も多々見られるので上層は上手くコントロールしていきましょう。

優先入庫品
・各種ステータス補助アイテム
中盤以降は攻城兵器を持つより強力な補助アイテムを置くことに注力しましょう。
金系は店で購入できるので優先度は下がります。

・合成素材
合成は国力増強の為の重要な手段なので素材は確保しておくべきです。
しかし国庫を圧迫しすぎると循環不全が起きてしまうので戦時中は政治家に素材を一時保存してもらう等で国庫に余裕を持たせるべきでしょう。

特筆アイテム

ここに乗せるアイテムはとても強力なので是非国庫に用意しておきたいものです。
非戦時に競売や合成を駆使して用意できると良いでしょう。

・包丁、怒りの鍬
競売で落札できる最上級の武器です。
要求階級値もとても高いですが、もし落札できるのであれば必ず落札し国庫に入れておきたい武器になります。

・漢王の人徳、賢者の石、西楚の覇王
どれも強力な合成アイテムです。
ひとつ作れば戦局を変える可能性も秘めています。
積極的に作るべきアイテムですが合成素材による国庫圧迫には注意しましょう。

・おでん(高級おでん)
合成で作れる強力な武器です。
菌界では簡単に作れますが他文明では中々作るのに骨が折れます。
序盤よりも終盤のステータスが高まった武特が持つととてつもなく強いですがあっさり壊れるので注意。

・知統の印
店売り品で簡単に作れるのにとても強い品物です。
知特と統特は武力が必要ないのでほぼデメリット無しで恩恵に授かれます。

・まきざっぽ
最強の対人武器です。
地味ですが合成も非常に簡単なので非戦時に作っておくと良いでしょう。
出庫に多くのポイントを使う点に要注意。

・即席堤防
比較的簡単に作れる強力な攻城兵器です。
出庫に5ポイント使う為これを使うならカルバリンでいいのでは・・・感は否めませんが決まればとてつもなく強いのは間違いないです。
即決着を着けたい際に国庫に忍ばせておき、出兵者に投げワンパンさせる用に使われます。

・越後流軍学書
徴兵条件を緩和する上杉家固有アイテムです。
活用する人は少なからずいるので需要は間違いなくあります。
しかし国庫で埃を被り枠を圧迫している所を見るのもチラホラ。
自国で活用されてないと判断したら思いきって捨てるの事も重要です。

・信長公記
米転がしの効率をグンと上げる織田家固有アイテムです。
こちらも上記軍学書と同様国庫にあれば嬉しい一品です。
特に終盤戦、資金繰りが必須となる統特にはとても重要なアイテムなので1つは用意しておきたいところ。

使用上の注意

中盤以降は役持ちプレイヤーが活発になりやすい点や国庫の出し入れが急になる事もあるため、凡ミスが発生しやすいです。
一例を上げると

  • 同じアイテムが2つ以上並んでいる状態で要求があり、それぞれ違う番号の同一アイテムを渡してしまう。
  • 入庫待ちに2つ以上のアイテムがある状態で入庫が被ってしまい、先に入れたアイテムが上書きされる。
  • 早々と国庫ポイントが尽きてしまい、アイテムが未入庫のまま複数流れてしまう。

こういったエラーが発生しないよう、中盤以降はある程度のルール定めや注意(例・同じアイテムは上の番号から渡す、国庫Pが尽きそうなら入庫禁止を呼びかけるなど)を行うと良いでしょう。