2001 / 08 / 16 歌舞伎町「クラブヴィーナス」内強盗殺人事件


歌舞伎町「クラブヴィーナス」内強盗殺人事件

警視庁
犯人逮捕

歌舞伎町「クラブヴィーナス」内強盗殺人事件
平成13年8月16日午前2時10分ころ、新宿区歌舞伎町2丁目クラブ店内において、
同店従業員及び客らが緊縛されるとともに、同店店長が殺害され、
現金、貴金属等を強取された事件

東京・新宿区歌舞伎町のサンライズビル6階の「クラブヴィーナス」に16日午前2時10分ごろ、
中国人とみられる5〜6人の男が押し入り、店長の伊藤隆三郎さん(59)の左胸を刺して殺害、
売上金など約300万円を奪って逃走した。
男らは伊藤さんを刺した後、客や従業員11人を粘着テープで縛り上げており、
ホステス2人も腕などを刺され軽傷を負った。

新宿区役所に近く、飲食客で賑わう、歌舞伎町の繁華街に、戦慄が走った。
営業中のクラブに突然、ストッキングで覆面をし、刃物を持った犯人グループが侵入。
男らは2人が先に入店、カウンター内にいた伊藤さんに近づき、いきなり左胸などを刺した。
続いて3、4人が押し入り、客や従業員ら、残る全員の手足を粘着テープで縛り上げた上、
顔面にもテープを張り目隠しした。男らは約1時間にわたり、店内を物色。
中国語を話しており、片言の日本語で「財布」「カード」などと脅し売上金と客の持っていた
現金など約300万円のほか、キャッシュカードや時計などを奪った。
キャッシュカードの暗唱番号を聞き出された客もいたという。
警視庁捜査1課の調べでは、店内には確認されているだけで、
伊藤さんとホステス5人、日本人の男性客5人の計11人がいた。
ホステスは台湾系中国人、タイ人、中国人で、2人が左腕などを刺され軽い怪我を負った。
犯人グループ逃走後、自力で粘着テープを外した客が午前3時10分ごろ110番。
伊藤さんは病院に搬送されたが、出血多量で死亡した。
店の営業時間は午後7時から午前1時までだが、客がいたため時間を延長して営業していたという。

警視庁は強盗殺人事件として新宿署に捜査本部を設置。
犯行が閉店間際だったことから、犯人が店の事情を知っていたとみて調べている。
また、ビルの防犯ビデオの任意提出を受け、映像などをもとに犯人グループの特定を急ぐとともに、
同種手口の事件の洗い出しを進めている。

01年8月、歌舞伎町の「クラブヴィーナス」に侵入して日本人店長(59)を刺殺、
客やホステスを粘着テープで縛り上げ、売上金や客の所持金など現金310万円のほか、
貴金属類約70万円相当を奪った中国人5人組のうち3人が、今年3月下旬、
中国の公安当局が逮捕していたことが判明。
日中間には、容疑者の身柄を引き渡す条約がないため、警視庁捜査一課は今後、
中国の国外犯規定で厳正に処罰するよう同国に求めるという。

2001〜2004

  • counter: 19717
  • today: 1
  • yesterday: 0
  • online: 1

最新の20件

2017-11-25 2017-11-16 2017-10-12 2017-04-24 2017-03-07 2015-06-21 2014-09-24 2014-09-19 2013-03-07 2016-04-17 2016-05-29 2016-02-08 2015-11-23 2015-11-15 2015-11-04

今日の1件

  • 2001/08/16 歌舞伎町「クラブヴィーナス」内強盗殺人事件(1)

  • counter: 19717
  • today: 1
  • yesterday: 0
  • online: 1