1992 / 06 / 04 熊取町若者七人連続怪死事件


熊取町若者七人連続怪死事件

4月29日17歳E少年板金工池に落ちて死亡 シンナー吸引を伴う事故死
5月29日17歳D少年無職板金工と同じ中学校 シンナー吸引を伴う事故死
6月4日17歳A少年無職玉ねぎ小屋で首吊り自殺 自殺をほのめかす言動 遺書らしきモノをを残す ABCEはバイク仲間
6月10日18歳B少年土木作業員自宅納屋で首吊り自殺 ABCEはバイク仲間
6月17日18歳C少年旅館従業員野小屋で首吊り自殺 不審な車に跡をつけられている  ABCEはバイク仲間
6月25日22歳男性地方公務員貝塚市飛び地内の山林で首吊り自殺 一連の事件とは関連なし
7月2日19歳少女女子体育大生路上でのナイフによる失血死 自殺をほのめかす言動 不審な車に跡をつけられている

毎週水曜日か木曜日に誰かが自殺する

泉佐野署の調べでは、今月4日、泉南郡熊取町のタマネギ小屋で同町の少年A君(17)が
農場用ロープで首を吊って死んでいるのが見つかった。
6日後の10日には、同じ町の近くの納屋で、熊取町に隣接する泉佐野市の土木作業員の
少年B君(18)がナイロンロープで、同じく、首を吊って死んでいた。
死亡現場は1年前まで住んでいた自宅の納屋であったという。
更に1週間後の17日、三重県鳥羽市の旅館従業員の少年C君(18)が熊取町の農作業小屋
の中で、またも、ビニール紐で首を吊って死んでいるのが見つかった。

また、25日、貝塚市の林の中で少年と見られる男性が首を吊って死んでいた。
身元は分かっていないが、バスケシューズを履いており、スポーツマン体形だった。
同署などの調べでは、A君とB君は友人、C君も顔見知りだという。
それぞれの自殺の原因はわかっていないが、A君は「借金を返しておいてほしい」と
いう内容のメモを残していたことが分かっている。
4件の現場は、熊取町と貝塚市の境付近で半径600Mの範囲内で、シンナー臭もあった。
また、最初の自殺の約1カ月前の4月29日にも、同じ町で、17歳の少年が池で死亡しており、
警察は事故の可能性が高いとして捜査を薦めている。
少年はA君の友人で、A君はこの少年の葬儀に出席していたとの目撃情報がある。
府警などによるとB君の葬儀の際、「どこかに縄はないか」などと自殺をほのめかす
言葉を繰り返していた少年がおり、これがC君と見られている。
大阪府警の調べでは、いずれも事件性はない自殺としている。
身元のわかっている3人については、自殺の具体的な動機がハッキリしないことから、
最初に死亡した少年の死に何らかの影響を受けた後追い自殺の可能性も、としている。
この4人はオートバイなどを趣味にするグループ。

5月下旬にも別の少年が死亡していたことが26日、大阪府警や同町の調べでわかった。
同署などによると、新たに死亡が分かったのは17歳の少年。

大阪府泉南郡熊取町で25日、10代後半とみられる男性の首つり死体が見つかった。
翌日、男性は泉南郡熊取町内に住む岸和田市職員(22)とわかった。

2日午後8時40分ごろ、大阪府熊取町の道路わきの溝で、近くの大学1年A子さん(19)
が血まみれになって倒れているのを、通行人が見つけた。
A子さんは病院に運ばれたが、胸部を切り重体。
体の下にナイフが落ちており、ためらい傷があることから、自殺を図ったと断定した。

熊取町では4日から17日までの間、17歳と18歳の少年2人の計3人が、ほぼ一週間置きに
半径600Mの範囲内で首吊り自殺しており、A子さんが見つかった現場もこの範囲内だった。

4日に熊取町のタマネギ小屋で亡くなった17歳のA君は、4月29日、同町の池で死んだ
少年E(17)と同じ中学校に通っていた。
父親は「誰かに脅されているという噂があったので、調べてみたが、そうではなかった。
(自殺の)理由についてはわからない」と戸惑う。
6日後、A君の後を追うように首を吊ったB君(18)は、友人同士だった。
近所の人の話では、B君は地元の中学を卒業し、父親の仕事の手伝いなどをしてい た。
1年程前に、隣接する泉佐野市へ。A君の初七日の日、以前いた家に戻り、納屋で死んだ。
その1間後の17日に農作業小屋で死んだC君(18)は、高知県出身。
亡くなる直前まで勤めていた三重県鳥羽市の旅館などの話では、高知県の私立高校を
中退した後、91年5月に大阪に出て、B君の父親の会社に勤めた。
今年3月から旅館に就職し、レストランのウエーターとして勤務。
今月11日、上司に「大阪の友達が亡くなった。墓参りに行きたいので2、3日休ませて
ほしい」と頼み、12日に大阪に向けて出発した。この友人がB君と見られる。
大阪府警は当初、自殺をそそのかした者がいないかどうか、また、自殺を装った殺人
事件の可能性はないかなどについて、慎重に捜査したが、いまのところ事件性はない。
一方、友人らの話などから、彼らが漠然とした疎外感や孤独感を抱いていたとみられ
ることから、府警は「連鎖反応的に自殺を引き起こしたのではないか」とみる。
捜査員は「友人が1人ずつ亡くなり、なんとなく引きずられたとも言える」と話している。
「ほんまに自殺か?」地元でささやかれる不気味なウワサ
「無気力製造工場」鶴見済/大田出版より
1991〜2000

  • counter: 39598
  • today: 1
  • yesterday: 0
  • online: 1

最新の20件

2017-11-25 2017-11-16 2017-10-12 2017-04-24 2017-03-07 2015-06-21 2014-09-24 2014-09-19 2013-03-07 2016-04-17 2016-05-29 2016-02-08 2015-11-23 2015-11-15 2015-11-04

今日の10件

  • counter: 39598
  • today: 1
  • yesterday: 0
  • online: 1