【質問】 米空軍機と米海軍機とで空中給油の方式が違うのは,何か理由があるのでしょうか?


 【質問】
 アメリカ軍の航空機は,空軍機と海軍機それぞれ空中給油の方式が違っていますが,何か理由があるのでしょうか?

 【回答】
 双方の得失を列挙してみると,

フライング・ブーム方式(空軍機)

○給油機側が操作するので被給油機の負担が少ない.
 硬性の給油管を使うので,高圧で給油ができる(大型機の給油時間の短縮)

×給油ブームが大きく張り出す

プロープ・アンド・ドローグ方式(海軍機)

○軟性のホースを使うのでポッド式にできる.
 (給油機の改造度が低い・小型化可)

×被給油機にプローブを合わせる技量が要求される.

 スペース重視の海軍機と,効率重視の空軍機という,要求の結果だと思います.

名無し軍曹 :軍事板,2002/08/17

最新の20件

2012-11-18 2015-01-14 2014-07-26 2013-03-24 2013-03-17 2012-12-14

今日の11件

  • counter: 2706
  • today: 1
  • yesterday: 0
  • online: 1