人物紹介 / 麋芳


糜芳

麋竺の弟。
曹操から官位を与えられ手元に留まるよう打診されながら、劉備と曹操が決裂すると兄と共にそれを蹴って劉備に従った。
自ら軍を率いることのない兄とは違い軍務にも関わっていたようで、劉備が入蜀すると南郡太守に任じられる。
が、同じ古参でありながら常々自身を軽んじてきた関羽との折り合いが悪く、それが大いに人生を狂わせる。

南郡太守としての職務はお世辞にもうまくいっていたとは言い難く、
原因不明の火災が発生して貴重な物資の一部を失う、樊城攻略を開始した関羽に充分な支援・援軍を行えない、という事態が発生。
かねてから軽蔑していた糜芳の失態に関羽は怒髪天を衝き、「お前たちの行動を劉備に言いつけて処罰してやる」と恫喝。
命の危険を感じるまでに追い込まれた糜芳は呂蒙に降り、結果として関羽戦死に繋がるという顛末である。
ここについては正史の時点で経緯の記述が錯綜しており、関羽と糜芳の不仲、士仁・糜芳の投降、そして関羽の敗死以外は何が真実かはっきりしない。
呉に降った後はそれなりに歴戦の武人として、反乱の鎮圧に活躍したとされている。
が、彼の説得にも関わった虞翻から、しばしばその毒舌の標的にされていたとの記述も残っている。

上述通りの史実の不明瞭さもあって、演義や演義ベースの創作では関羽敗死の戦犯として槍玉に挙げられまくる扱いを受けている。
まず演義においては、史実同様に劉備軍古参の武官として働くも、
阿斗や麋夫人を探しに敵中へ切り込んだ趙雲を見て「趙子龍が裏切った」と劉備に誤報してしまうという誰得な場面を加えられ、
そして呉への投降後、夷陵の戦いに先駆けて再び劉備に降伏しようとするが許されるはずもなく処刑されてしまう。
吉川版や横山版では父の仇として関興に斬られ、
また創作でも「趙雲が命がけで助けてきた阿斗を「この子を捨てて参れ」と劉備に命令され、汚れ役を押し付けられかける」
「呉軍から寝返りを打診され躊躇っていた時、孔明と趙雲が間一髪で荊州に訪れ、視察に来るのだが寝返りを察知され逆上して孔明に斬りかかろうとした所を趙雲に討たれる」など、ろくな目に遭ってはいない。

その行動が史実や物語の大きすぎる転換点に関わってしまったため、演義派や関羽ファン・蜀ファンからは蛇蝎のごとく嫌われ、
彼の行動で得をしたはずの呉ファンからもあまり好かれていないという不憫な人物。
それでいてそれなりに能力を評されてはいながらも一概に有能とは言えない部分も見られるため、
擁護の声もあまり高くないというのが古来から続く状況である。
関羽という歴史的大豪傑と関わる羽目になり南郡という要所も預かってしまった困難さと悲哀、
そして荊州を関羽や彼に任さざるを得なかった劉備軍の人材不足、様々な破綻の露呈を一身に背負ってしまった哀れな凡夫。
それが麋芳という一人物の姿であるのかもしれない。
一応、蜀漢建国〜初期の功臣を讃える『季漢輔臣賛』においては、官職か字で敬称される他の人物と違い、
末席の呼び捨てという扱いながらも麋芳の名が残されている。