人物紹介 / 文醜


文醜

袁紹配下の猛将。顔良と同様史実での活躍は官渡の戦いのみであるが、
演義では界橋の戦いで公孫瓚を追撃し、討ち取ろうというところで助けに現れた趙雲と一騎討ちをしている。

史実では顔良同様の猪武者であることを荀彧に指摘されており、
荀攸の策で囮の輜重隊を追撃したところを包囲され、そのまま討ち取られる。
演義では弓にも長けており張遼、徐晃を撃退する実力を見せるが、顔良同様関羽に討ち取られている。

字面および兄貴分とされる顔良の名前と対比してブサメンと呼ばれることもあるが、
演義では「伝説の化物のような顔をしている」とされており、実際に醜男とされているようである。