人物紹介 / 夏侯覇


夏侯覇

「仲権」という字から想像できる通り夏侯淵の次男だが、演義では兄の夏侯衡が登場しないため長男とされる。

本作では蜀将として登場するが、本来は父と同じく魏将であり、2代皇帝・曹叡の代までは孔明の北伐に対する立場であった。
しかし曹叡が崩御すると、曹爽と司馬懿の間で権力争いが起こり、結果司馬懿が勝利した上に、
一門の夏侯玄も粛清されたことから、蜀へ亡命したという経緯がある。

フレーバーテキストにある「従妹の娘」とは張皇后、および姉の敬哀皇后のことであり、2人の母は夏侯月姫、そして夏侯月姫は父親である夏侯淵の姪=従妹(いとこ)という関係。
亡命しながら厚遇された背景には、このような血縁関係も多分にあったと考えられる。

演義では夏侯一族の若手として長坂の戦いに参戦し、張飛に挑みかかるも川に突き落とされ撃退されるのが初出。
しかしその後しばらくまるで出番がないことから、長坂で登場するのは同姓同名の別人とも言われる。
また媒体によっては、長坂では同じ場面で夏侯傑(古いゲーマーの方にはアーケード版天地を喰らう2で見覚えのある名であろう)という全くの別人が登場していたりもする。
コーエーの『三國志曹操伝』では、夏侯傑の顔グラフィックが『三國志孔明伝』の夏侯覇の顔グラフィックの使い回しになっているが、
両者の関係性を知ったうえで使い回しを敢行したのならばセンスがあると言えるのではなかろうか。