カードリスト / 第4弾 / / 陶コウ


武将名とうこう せいえい
陶璜 世英「この戦の責任は、
  全てワシが背負う・・・・・・!」

陶濬の兄。敵城を包囲した際、百日守りきれなければ家族を処刑されてしまう敵に兵糧を送り、罪を免じてから降伏に導いた名将。呉が滅びると、その手腕を認めていた司馬炎によって、引き続き交州の統治を任され、冠軍将軍に任命された。
コスト2.0
兵種騎兵
能力武力8 知力5 征圧力1
官職武官
特技-
将器突撃術 征圧力上昇 突破術
計略誘降の援兵自身と最も武力の高い敵の武力を下げ、兵力が上限を超えて回復する。対象の敵が撤退すると敵城にダメージを与える
必要士気4
Illustration : 池田正輝Character Voice : 堂坂晃三


陶濬の兄であり、呉末期の隠れた名将である陶璜が大戦初登場。
なお、第4弾-2で追加された呉の武将の中では唯一の新顔である。

スペックは騎兵に不得手な呉とは思えぬ2コスト8/5。征圧力1は仕方ない。
呉の2コスト武力8騎兵は他に孫策と淩統だけで、彼が三枚目のコスト2武力8騎兵となる。
他の二人は同名義武将が多い上結構な知力難なので、中堅知力の武力8というスペック要員でも期待できる。
将器は征圧力上昇だと安定はするが、計略の癖が強い為ダメージ稼ぎの突撃術も選択肢候補。
無特技なのがやや痛いが、いわゆる無特技号令においての居場所を確保できているとも言えるか。

計略「誘降の援兵」は史実の彼を連想させる、かなり変わった妨害。
自身の武力を-2し、兵力が上限を超えて80%回復する。
そして範囲内の一番武力が高い敵の武力を-4し、兵力を上限を超えて100%回復させる。
更に対象を撤退させると敵城に6%ダメージを与える。
妨害ではあるが仕様は強化に近く、自身への効果と相手への効果は同時に切れる。
効果時間は8.3c、知力依存0.4c(Ver.2.6.0A)

城ダメージがやや小さいので、城ダメージ目的で使うのはなるべく避けたい。
兵力満タンの相手に使うとさすがに武力を-4させても効果時間内の撃破が難しくなる。
深入りした低武力に使ったりする等リスクを最大限に抑え、自身の兵力上限越えを維持したい。
また、城ダメージこそ小さいが終盤ギリギリの差で覆せる状況も少なくないだろう。

もう一つ。全計略で唯一“敵を回復できる”この計略ならではの強力無比な用途がある。
敵のキーとなる武将をあえて囲う事で撃破を大幅にずらし、状況の好転阻止を狙うものだ。
もっとハッキリ言えば(特定条件下に限られるが)この計略だけで事実上詰ませることが出来る。
玉砕からの再起が予測できた場合や、相手の士気フローが考えられる場合などに狙ってみたい。

登場バージョン

Ver.2.6.0A

Menu

最新の20件

2019-11-11

今日の20件

  • counter: 7322
  • today: 16
  • yesterday: 55
  • online: 52