カードリスト / 第3弾 / / 劉シン


武将名りゅうしん
劉諶「蜀を築いた英傑のことを思えば
     降伏なんてありえない!」

劉禅の五男。父に似ず意思の強い人物であり、魏の侵攻に対して徹底抗戦を主張。劉禅が降伏を決断すると、これに反対したが宮中から追い出された。事の次第を妻子に話すと「先に逝き、先帝にお詫び申し上げる」と揃って自害した。
コスト1.0
兵種歩兵
能力武力2 知力2 征圧力2
官職文官
特技魅力
将器捕縛術 復活減少 攻城
計略抗戦の号令蜀の味方の武力が上がる。ただし効果終了時に兵力が減少する
必要士気5
Illustration : オンダカツキ


父親に全く似つかない気骨の持ち主である劉禅の五男坊が、他の兄弟を差し置いて参戦。

しかしスペックは2/2/2歩兵と、明らかに親の血を引いてしまっているような低スペック。
魅力持ちである点がまだ救いか。また文官なので号令持ちとしては一騎討ちも起こさない点も嬉しい。
将器も歩兵とは非常に相性が良い物が揃っており、歩兵としての役割は果たしやすい。

計略「抗戦の号令」は蜀限定号令。
何と士気5にして武力は+10と言う凄まじい高さ。が、効果時間終了時に兵力の7割が消し飛ぶ
効果時間も知力2が祟ったのか僅か約5Cで、知力10で打っても7cと、知力依存も低い(Ver2.0.0D)。

効果時間が短いので、単体では急場の守りに使える程度で爆発力はあっても局面を変えにくい。
基本は天啓の幻のように、再起法具がある時か試合最終盤でこちらが全滅しても相手に時間がない時の攻めでの使用になる。

その爆発力で一発逆転、大量の城ゲージをもぎ取る爆発力もあるので、決して使えない号令というわけではない。
仕込んでおけばとっておきの切り札になれる可能性はある。

このカードの強みは、たった1コストで天啓の幻が撃てるということ、デッキバランスを崩壊させなくてよいところだろう。

天啓の幻と比較して、効果時間こそ劣るものの、消費士気の低さ、撤退が決まったわけではないこと、武力上昇値が高いことと、本人たちのスペックでデッキが左右されないことで勝っている。

修正履歴

Ver.2.0.0C 効果時間延長 4.2c→5c
Ver.2.0.0D 武力上昇値増加 +8→+10