カードリスト / 第3弾 / / カイ良


武将名かいりょう しじゅう
蒯良 子柔「仁愛で落とせぬ者は・・・・・・
  極論、首を刎ねれば良いのです」

劉表配下の文官で、蒯越の兄。劉表に従わない豪族への対処について相談されると、仁愛を持って接するべきと助言した。穏健な人物だが、孫堅の侵攻を受けた際には、黄祖を射殺するなど非情な一面もあったという。
コスト1.5
兵種弓兵
能力武力5 知力8 征圧力2
官職文官
特技漢鳴
将器兵力上昇 知力上昇 遠弓術
計略漢鳴の誘導【漢鳴】(漢鳴レベルにより効果が変化する。特技「漢鳴」を持つ味方の漢鳴レベルが上がり、自身の漢鳴レベルが下がる)
敵の征圧力を下げ、自身に向かってくるようにする 漢鳴3:さらに武力を下げる
必要士気5
Illustration : Daisuke Izuka


旧作では士気集積をしていた蒯越の兄貴が帰ってきた。
テキスト通り穏健な人物だが、どうもそちらの面より、法正のように曲者感の漂うキャラ付けがなされてしまったように見える。

スペックは1.5コストにして5/8/2と結構な高スペック。一方で特技は漢鳴のみと実質なし。
将器だが、計略の事も考慮した知力上昇か、通常戦闘を意識した遠弓術を優先すべきだろう。

計略「漢鳴の誘導」は漢鳴版挑発と言えるもの。
範囲内の敵の征圧力を1下げ、自身の下に引っ張ってしまう。
以降漢鳴レベルが上がるごとに効果時間も延び、漢鳴3だと武力-5がおまけに付いてくる。

相手の行動を縛れるだけありけして弱いとは言い切れないのだが、どうも不便な点が目立つ。
中でも問題になるのが本人の兵種。
槍兵なら迎撃を誘え、騎兵ならば延々と引っ張ってかき乱す事が出来るのだが彼はあろう事か弓兵
槍兵や弓兵ならともかく、騎兵など引っ張れば対抗策がない為一瞬で溶けかねない。
味方の支援を受けるか、敵軍を城から剥がす程度の使い道で考えるのが無難だろう。

その上で更に追い討ちをかけるのが士気5。挑発にしては重い。
漢鳴レベルが足りないと知力1すら4Cしか引っ張れない事も含めて、乱発は厳しいものがある。

計略が効果的に生きる場面があるとすれば、漢の弱点でもある序盤から中盤にかけて
麒麟児姜維や華雄、文鴦などの高武力槍に城門侵入を許し、車輪で回られた時などであろう。
スルーすれば城が落ちかねない事態を、漢鳴レベルを上げつつ流せると考えれば悪くない。
また、皇甫嵩や漢董卓を見るや法具連環を選ぶ対戦相手は多いが、
敢えて漢鳴3の漢鳴の誘導を使う事で連環を無力化できる。まさに奇襲と呼べる戦術である。
ただ、漢鳴3を吐いてまで得られる妨害効果は士気相応に毛が生えた程度なのでその点には注意。