カードリスト / 第2弾 / / 張翼


武将名ちょうよく はくきょう
張翼 伯恭「我ら、蜀漢を守る砦とならん!」

前漢の天才軍師・張良の子孫。蜀に入った劉備に仕え、蜀の滅亡まで戦い抜いた。厳格な統治ゆえに南蛮が反乱を起こし、都から召喚された際は、後任の到着まで戦場を離れず鎮圧へと導いたことで、諸葛亮に評価された。
コスト2.0
兵種騎兵
能力武力8 知力3 征圧力2
官職武官
特技-
将器士気上昇 攻城術 守城術
計略縮地戦法武力が上がり、戦場に出現する。ただし城内でしか使用することができない
必要士気4
Illustration : lack


前作では槍兵で召喚計略もちだったが、今回は全く別の方向性で再登場した蜀末期の勇将。

特技がないのは若干寂しいが武力はコスト比で高く、知力は低めだが征圧力が2あるため、騎馬としての性能は上々。
だが将器がどれもやや役割にあっていないものが多く、トータルではいいスペックとはなかなか言えないか。

計略は自身の武力+3に加えて、自陣と敵陣との丁度境目辺りに出現する「縮地計略」。自身が城内にいないと使用できない。
武力の上昇時間は7c(Ver1.1.0A)。
戦場の出現位置は、縦は戦場中央のラインまで、横はカードを置いているラインになる。

武力上昇に関して言えば移動速度も上がらないため、実質強化戦法以下の計略である。
この戦場に出現する効果を生かさなければかなり費用対効果の悪い計略である。
武力も11では万全の敵の中に突入しても、騎兵の複数の突撃を食らえばこちらが厳しい。

最も分かりやすい使い方は2つで、一つはマウントを取り終わって帰城する相手の追撃。
号令デッキの場合ここで主力を落として時間差を作ることが後々効いてくるので追いつけるのは嬉しい。
もう一つは蜀の苦手な弓の対処である。
自陣限定だが夏侯淵のような槍兵では近づくのも難しい弓や太史慈のような妨害効果を持った弓に
一瞬で乱戦を仕掛けて弓を封じられる。
基本妨害弓は武力上昇が低めなので、武力11で乱戦しても十分で
弓を安全に封じた後に後続の槍兵がラインを安全に上げていく、という使い方である。

また、例えば諸葛亮のような後方に控えるキーカードを潰したいが前方の高武力が道を塞いでいる場合
自城から使うことで高武力部隊の壁をすり抜けて諸葛亮を先に落としにかかるといった使い方もできる。
柵が少ないのならラインを上げた相手の後ろに回り込んで、舞姫を狙いに行くことも狙えなくはない。
一瞬で相手に近づけることと、前方の敵をすり抜けられることがこの計略の肝と言えるだろう。

総じて敵の足並みを乱すのに適した計略ではあるが、現時点では使いどころが若干難しいので、スペック面での採用が主になるだろうか。
特に自陣限定とはいえ、蜀の苦手な強力な弓の対策になるのは足の遅い槍主体になる蜀の号令デッキでは助かる。