カードリスト / 第2弾 / / 張翼


武将名ちょうよく はくきょう
張翼 伯恭「我ら、蜀漢を守る砦とならん!」

前漢の天才軍師・張良の子孫。蜀に入った劉備に仕え、蜀の滅亡まで戦い抜いた。厳格な統治ゆえに南蛮が反乱を起こし、都から召喚された際は、後任の到着まで戦場を離れず鎮圧へと導いたことで、諸葛亮に評価された。
コスト2.0
兵種騎兵
能力武力8 知力3 征圧力2
官職武官
特技-
将器士気上昇 攻城術 守城術
計略縮地戦法武力が上がり、戦場に出現する。ただし城内でしか使用することができない
必要士気4
Illustration : lack


前作では槍兵で召喚計略もちだったが、今回は全く別の方向性で再登場した蜀末期の勇将。

蜀では数少ない2コスト武力8の騎兵。その上で征圧力も2ある為、騎馬としての性能は上々。
一方で知力は3と寂しく特技も無し。将器も役割に合っているとは言い難い。

計略「縮地戦法」は自身の武力+4に加えて、自陣と敵陣との丁度境目辺りに出現する縮地計略の一種。
自身が城内にいないと使用できず、武力の上昇時間は7.5c(Ver1.2.0E)。
自城前に反計持ちがいた時、反計されるかは要検証。
戦場の出現位置は、縦は戦場中央のラインまで、横はカードを置いているラインになる。

この計略を活かすのであれば、「戦場に出現する効果」を最大限利用する必要がある。でなければ強化戦法と変わらない。
最も分かりやすい使い方は、マウントを取り終わって帰城する相手の追撃。
号令デッキの場合ここで主力を落として時間差を作ることが後々効いてくるので追いつけるのは嬉しい。
他には復活直後のカウンターとして使用し、敵城到達までの時間短縮に使うくらいか。

とは言え、自陣と敵陣の境目に飛び出すと言う効果は意外と難儀。簡単に言えばあまり融通か利かない。
境目の位置は意外と自城から遠く、相手のマウントを阻止するには相応のタイムラグが出来てしまう。
張翼自体が2コストと言うのも割と痛く、実質高武力を城から引き離してしまう為意外と守りには使いづらい。

敵の足並みを乱せそうな面白い計略ではあるが、現時点では使いどころが難しい。
スペック自体は割と優秀な部類ではある為、スペック目当ての採用が主になるだろうか。
ただそうすると、蜀の2コスト騎馬には優秀な計略持ちが多いのが悩みになってくる。

修正履歴

Ver.1.2.0A 効果時間延長 6.7c→7.5c
Ver.1.2.0E 武力上昇値増加 +3→+4