カードリスト / 第2弾 / / 徐氏


武将名じょし占卜の烈女
徐氏「貴方、外に行っては駄目。
   不吉な卦が出ているわ」

孫堅の三男・孫翊の妻。占いに精通しており、夫に危険を避けるように度々進言した。孫翊が暗殺され、その反逆者に言い寄られることになると、怒りを隠して従い、相手が油断した所で刺客を使って討ち取り、見事に夫の仇討ちを果たした。
コスト1.5
兵種弓兵
能力武力4 知力7 征圧力2
官職-
特技魅力 攻城
将器知力上昇 復活減少 士気上昇
計略復仇の号令呉の味方の武力が上がる。この効果は撤退している味方部隊数が多いほど大きい
必要士気5
Illustration : ゆきさめCharacter Voice : 東山奈央


名前が似ているが先に登場した徐夫人とは別人(旧三国志大戦では徐氏が徐夫人として登場)。
夫に操を立てた賢妻として夫以上に有名な女性。

スペックは武力が低く、計略要員としての運用になる。
二つの特技を備えているが、後方にいる弓兵に攻城が一見噛み合わない。
だが後述の計略の関係上彼女がデッキの最高コストになることもままあるので攻城に行く機会も多い。

復仇の号令は撤退している部隊数によって武力が変動する号令。
武力上昇は撤退している部隊数*2+1、効果時間約8c(Ver1.1.0A)。

撤退している部隊のコストは関係ないので、必然的に枚数の多いデッキで威力を発揮しやすい。
2部隊も落ちていれば武力+5と士気以上の効果になるのだが、部隊が落ちた状態で使えば使うほど手数が減るため
この計略だけでは攻城までつなげる押しに欠けてしまいがちである。
他の計略である程度相手を崩し、この号令は弱った敵を確実に仕留めるために使う方がよい。

号令の効果は呉の武将にしか効果はないのだが、撤退している部隊は呉の武将以外も参照するため
撤退要員や計略要員としてなら他勢力の部隊との共存も可能である。
同じく撤退武将を参照する代表的な計略である悲哀の舞いも、魏の武将を舞姫と撤退要員に限定すれば十分共存できる。
悲哀の舞いとコンボすると2部隊落ちるだけで武力⁺9とすさまじい上昇値になる。
彼女が武力4なので、これだけで弓腰姫の目覚めが使えてしまうほど。

悲哀の舞いと同じくやや独特なデッキ構築が必要になる。
彼女が1.5コストなので悲哀の舞いの7枚型デッキのようなデッキが力を発揮しやすいが
その場合神速騎兵の夫がデッキの最高コストの核としては相性がよく、なかなか凝った相性になっている。
悲哀の舞いはやや遅効性だがこちらは魅力持ちで固めれば開幕から撃っての攻勢が可能である。
呉も1コストには優秀なカードが揃っているので、デッキの幅は広い。
中でも命がけの推挙は計略との相性もいいので優先順位が高い。

登場バージョン

Ver.1.1.0A

修正履歴

Ver.1.2.0D 範囲拡大
Ver.2.0.0D 範囲拡大

Menu

最新の20件

2019-10-15 2019-10-14

今日の20件

  • counter: 38181
  • today: 5
  • yesterday: 20
  • online: 85