カードリスト / 第2弾 / 群雄 / 賈ク


武将名かく ぶんわ冥暗の懐刀
賈詡 文和「さて、敵の急所は見えた。
  生きたければ従ってもらうよ」

董卓が洛陽に入った際に配下となり、牛輔の軍に従った。董卓が呂布に殺されると、同僚の李傕に進言して、呂布を長安から追い出した。その後、献帝の側近となるが、李傕・郭汜の権力闘争に巻き込まれることを嫌い、張繍の元へと身を寄せた。 
コスト1.0
兵種槍兵
能力武力1 知力9 征圧力1
官職文官
特技伏兵
将器長槍術 士気上昇 同盟者
計略虚盟の離間敵の武力と知力を下げる。この効果は敵の勢力数が多いほど大きい
必要士気5
Illustration : 風間雷太


曹操に降る前の賈詡が群雄勢力として参戦。群雄としては初のコスト1レアの槍である。
スペックは魏の自分が槍に変わっただけ。
1コストながら知力9伏兵のプレッシャーは抜群で、高知力の多い魏と違い、脳筋の多い群雄では一層貴重な存在と言える。
一方で兵種が変更になったことで、武力や征圧の低さが影響しやすくなった。
乱戦する事の多い槍兵にとって、武力1は小さくない欠点。
とはいえ、トータルで見れば計略要員としては良好なスペック。

計略は敵勢力数が増えるほど低下効果が上がるという特殊なもの。
Ver1.1.0B現在、効果範囲はかなり広く、戦場の4分の1を覆えるレベル。
低下値は1勢力で武力-3知力‐2、勢力がひとつ増えるごとにさらに‐1されていく。
最大5勢力相手になると武‐7知‐6となるので、試合を決める効果を出せる。

弱体化の計が士気5で武力-4ということを考えると、知力低下と範囲の広さを加味しても1勢力ではやや効率が悪い。
2勢力相手でやや強め、3勢力以上になると破格の効果と言っていい。

相手によっては絶大な効果を発揮するが「効果が相手のデッキ依存」という点が最大の問題。
工夫以前の問題として、マッチング運で計略効果が決定してしまうので効果が全く安定しない。
また高い効果を発揮する混色デッキは、足並みを揃えない消耗戦向きデッキが多いのも難点。
Ver1.1.0になって増えた勢力限定の無い号令が増えたが、それでも狙える機会は少ない。
現状では2勢力以上の効果は「決まればラッキー」ぐらいに考え、高知力伏兵槍としての採用が無難だろう。

今後、天下統一大会などで多色制限戦でもあれば出番は来るかもしれない。