カードリスト / 第2弾 / 群雄 / 張燕


武将名ちょうえん飛燕
張燕「捷きこと、燕の如く!
 飛燕に追いつけると思うなよ!」

山賊の頭領。黄巾の乱に呼応し、黒山賊と呼ばれる100万の賊を率いて河北を荒らした。乱が平定されると討伐される前に官軍に帰順し、反董卓連合に参加。後は袁紹と争い、最終的には曹操に帰順、平北将軍に任命された。
コスト2.0
兵種歩兵
能力武力8 知力4 征圧力2
官職武官
特技勇猛 攻城
将器攻撃力上昇 兵力上昇 速度上昇
計略黒山賊の襲撃武力と攻城力が上がる。この効果は自軍の城ゲージが少ないほど大きい。一定以上武力が上がると、さらに移動速度が上がる
必要士気5
Illustration : 春乃壱


Ver1.1.0Aにて追加された群雄の2コス歩兵。
まず目を引くのは8/4/2勇猛攻城というハイスペック。
将器も、攻撃力上昇、兵力上昇、速度上昇と一切の無駄がない構成である。

そのスペック計略全てが攻城ダメージに直結する性能をしているのが特徴。
歩兵に加えて特技攻城の恩恵は大きく、素の壁殴りでも13%ほど城を削れる。
計略も併せて城の殴り合いとなった場面では一際輝く。

計略の黒山賊の襲撃は火事場効果のある武力と城ダメ上昇の単体強化。城ダメ50%以下で速度上昇が付く。効果時間約7c。
城100%時点で+3、城が削れるほど武力が上がり最大で+10される。速度上昇はオーラ騎馬並で刺さるので注意。
攻城力は50%時点で計略使用で城門35%ほど。ミリ付近で使うと1.5コス攻城兵並の攻城力となる。
効果時間は然程長くないので確定で城を殴れる場面で使うのがベターだが、城が削れているなら号令の押し込みとしても有効。

ハイスペックではあるものの2コス歩兵というのがネックで、更に自城が削れていなければ真価を発揮できない。
その辺りを加味すると暴虐なる覇道デッキでの採用が考えられるか。
同じく攻城要員として採用されることのある区星と比べると、
小回りがそこそこ効き征圧2により色塗りも可能で一騎打ちも問題ないが素の攻城力では大きく劣る。
計略も実用範囲なので運用によって使い分けると良いだろう。