カードリスト / 第2弾 / / 関羽


武将名かんう うんちょう美髯公
関羽 雲長「青龍偃月刀が、
   新たな強敵を望んでいる」

劉備、張飛と義兄弟の契りを結んだ豪傑。見事な髭を蓄えたため、のちに「美髯公」とも呼ばれる。その武勇に並ぶものはなく、黄巾の乱や反董卓連合では「冷艶鋸」と呼ばれる青龍偃月刀を振るって、多くの猛者たちを討ち破った。
コスト2.5
兵種槍兵
能力武力9 知力6 征圧力2
官職武官
特技勇猛
将器長槍術 速度上昇 突破術
計略青龍刀・冷艶鋸武力と移動速度と槍撃ダメージが上がる。さらに特技「漢鳴」を持つ味方の漢鳴レベルが上がる
必要士気5
Illustration : RARE ENGINE


3枚目の関羽は、漢に若き頃の姿で登場。

武力9に特技の勇猛、決して低くない知力6、さらに征圧力2と関羽らしく高いスペックを誇る槍兵。
将器は剛槍持ちである事を考えると長槍術が最有力か。単純に武力を押し付けるならば速度上昇も良い。

計略は剛槍の一種。また、味方の漢鳴レベルを上げる効果もある。
武力上昇値は+6。更に移動速度1.5倍に槍撃ダメージ+5も追加される。効果時間は8.3C(Ver2.0.0D)。

剛槍計略である以上、やはり戦果を挙げられるかはプレイヤースキルに大いに影響される。
また、乱戦されると士気に見合った戦果は挙げ辛い。速度も上昇するため、上手く穂先を潰さないように立ち回ろう。
また、これ一枚で相手の号令を押し返せるものでも無いので、過信は禁物。
この計略の一番の利点は、やはり漢鳴レベルをリセットせずに全体の漢鳴レベルを上げる事ができるという点。
これ一枚で戦うのではなく、序場〜中盤をこの計略で荒らして、終盤の漢鳴3計略につなげる事を意識して戦うべきだろう。

問題は重い槍である事。これに尽きる。
漢軍は決定打になる号令持ちが揃って槍であり、彼が入るとそれだけで機動力に非常に難を抱えたデッキが出来てしまう。
漢鳴レベルを引き上げるだけならば生存性能も兵種バランスも取れる朱儁がいるのも痛い。
本人が重い為、低コストの号令を軸にしようにもメンバーに影響が出だす。
その為現状はあまり振るわない。槍以外の大型号令の登場に期待と言ったところか。

修正履歴

Ver.1.2.0D 武力上昇値増加 +4⇒+5
       効果時間短縮 ?⇒7.1c
Ver.1.2.0E 効果時間延長 7.1c⇒7.5c
Ver.2.0.0D 効果時間延長 7.5c⇒8.3c
       武力上昇値増加 +5⇒+6