カードリスト / 第1弾 / / 劉封


武将名りゅうほう
劉封「続け! 父上の……
  俺たち皆の国を作るんだ!」

劉備の息子。若年から益州攻めなどで戦果を挙げ、孟達と共に太守を任せられる。樊城の戦いでは、関羽から援軍要請を受けるも、民衆の動揺を理由に断った。関羽が敗死すると、魏に寝返った孟達から投降を勧められたが拒絶した。
コスト1.5
兵種騎兵
能力武力6 知力5 征圧力1
官職武官
特技-
将器兵力上昇 突撃術 征圧力上昇
計略強化戦法武力が上がる
必要士気4
Illustration : 萩谷薫


勇ましい姿の劉備の息子(養子)。

武力6知力5征圧1と槍の蜀にあってコスト1.5枠最高武力を備えながら中知力を所持しているスペック要員。
所持計略は強化戦法と平凡で、高い基本性能で勝負する武将。

蜀の1.5コスト武力6の騎兵は他に魏延と甘夫人がいるが、その中でこちらは両者が持たない征圧力上昇の将器があるため、ここがこのカードのアピールポイントになる。
基本的には劉封を採用するのであれば征圧力上昇の将器を採用し、武力6で征圧2を両立するためとなるか。

突撃術や兵力上昇を採用する場合には、同将器を持ち計略や副将器枠に秀でる魏延の方が有用な場面が多い。
一応、兵力将器であっても、計略中の撤退を許されない桃園の誓いデッキでは武力6中最高知力を持つためか、こちらを採用されるケースや理由は少なからず存在する。

なお、撤退台詞の「阿斗」とは義弟である劉禅の事である。