カードリスト / 第1弾 / / 馬謖(仇討制度)


武将名ばしょく ようじょう執行人
馬謖 幼常「貴様は、私が裁く!」

蜀軍の若き俊英。法を厳守する諸葛亮の弟子で、自らも法に基づいて政治を執り行ったとされる。南蛮征伐では「心を攻めるが上策」と進言するなど心理戦も得意だが、神経質で比べたがりな性格が元で、街亭の戦いで大敗を喫した。
コスト2.0
兵種騎兵
能力武力6 知力8 征圧力2
官職武官
特技伏兵
将器復活減少 地の利 速度上昇
計略仇討制度最も武力が高い味方の武力と移動速度が上がる。この効果は撤退中の味方の最大コストが高いほど大きい
必要士気5
Illustration : 岸本聖史


蜀の3枚目のコスト2騎兵。やや武力に劣る分、高知力の伏兵・征圧力2と、開幕の状況をこちらに有利に運んでくれる。
ライバルとなる関興と趙雲も優秀なカードだが、前者は計略ステルスで先撃ち気味に相手の戦線を崩していくタイプ、
後者は爆発力はないが汎用的に使用できるタイプと、
後述するように「危機的状況で計略が強化される」馬謖とはかなり運用法が違ってくるので、
デッキの方向性で住み分けはできていくと思われる。

計略の仇討制度は撤退している武将の最大コストによって武力上昇値が変わる投げ計略。
投げ計略だが範囲に自身を含むため、範囲に武力6以上がいなければ自身が強化される。
「撤退武将の最大コスト」なので複数部隊が撤退していても参照されるのは最大コストのみ。
効果が上がるのは武力上昇値だけのようで、速度上昇は一律1.5倍程度、効果時間は約11c。(Ver1.05D)
武力上昇値の計算は撤退コスト*2+1。例えばコスト2武将が撤退していれば武力は+5である。
Ver1.0.5Dの最大コストは3なので、最大武力上昇値は+7ということになる。
この計略が高い効果を発揮するという事は、高コストの武将が撤退しているということなので、攻めで使うにはコスト戦力が減っているのでやや厳しい。
やはり、城際の守りで使用する場面が多くなるだろう。

速度上昇があるので槍兵で乱戦を挑んでいくのも悪くないが、高コスト騎兵が相方として用意できると殲滅力が高くなる。
また、コスト2以上のカードが落ちている場面なら、馬謖自身が武力11以上、長時間・高速騎馬として強化されるので、
自らの強化手段として使っても、ピンチをカバーできるほどの戦果を挙げやすい。
状況を選ぶが、投げ計略・自身の強化と使い分けができる点は、実戦での運用上で有難い選択肢となる。

復活カウントは関係ないため、撤退している高コストのカードを自城エリアから出して復活カウント1で止めておき、
仇討制度を使った後に撤退武将を自城エリアに戻し復活→即戦場復帰というテクニックは是非駆使したい。
だが常にそんな状況を作れるわけではないので、先に落とす生贄要員もデッキに入れておくとよいか。

撤退武将がいない状態で使うと極端に効果が下がるので、自爆を伴う計略や反逆の狼煙同様、くれぐれも計略の誤使用には注意が必要。