カードリスト / 第1弾 / / 陸遜


武将名りくそん はくげん無名の駿才
陸遜 伯言「次代の孫呉は・・・・・・この僕が担う!」

呉の武将。異民族討伐や民の慰撫に功があり、孫権に信頼されたものの無名だった。しかし呂蒙に「無名ながら才能がある」と後任に抜擢されると、巧みに関羽を油断させて呂蒙と共に荊州へ侵攻。関羽を打ち破り、荊州を呉の支配下に置いた。
コスト2.0
兵種槍兵
能力武力6 知力9 征圧力2
官職武官
特技防柵 魅力
将器兵力上昇 長槍術 速度上昇
計略駿才の大号令ため計略】(使用すると移動できなくなり、一定時間後に解除され計略が発動する。この計略は反計されない)呉の味方の武力と征圧力が上がる
必要士気6
Illustration : 黒葉.K


孫呉の丞相で実は孫策の娘婿でもある陸遜。

コスト2にして武力6とかなり寂しい数値だが、かなり高めの知力9及び征圧力2に加え有用な特技を2種類も所有している。
特に号令持ちなので魅力持ちなのは何よりもうれしい。
単純なスペックだと黄蓋や周泰などのライバルもいるが、スペック要員で採用される武将ではないので問題は無いだろう。

駿才の大号令はため号令と言う独特のもので、効果は武力+6・征圧力+1で効果時間11c(Ver1.0.0C)
知力依存は知力1につき約0.6〜0.7cなので、命がけの推挙を使っての駿才の大号令は効果時間は15cまで伸びる。(Ver1.0.5D)
士気6の号令としては破格ではあるが、代わりに発動までに7cのためが入ってしまう。
士気は効果が発動した瞬間ではなく、計略ボタンを押した時に消費される。
このため、ため時間中に陸遜が撤退すると効果も発動しないし、士気6も返ってこない。
ため時間中は部隊の移動はおろか槍の向きすら完全に固定されてしまう。
槍自体は消えない為、完全な無防備ではないものの、味方の部隊で守りつつ安全に効果を発揮できるようにしたいところ。
また、陸遜が止まり他の部隊も駿才の範囲から大きく離れられないので、ため中はどうしても妨害を食らいやすい。
小喬の浄化の計はその弱点をカバーする計略として入れておいて損はない。

なお効果時間はため終了時の知力が参照される。法具の宝玉効果で知力を上げて効果時間を延ばす場合は使用タイミングに気を付けたい。
命がけの推挙を使う場合も早い段階で使用せず闞沢の槍で陸遜を守った後、ギリギリで使用すれば間に合う。
賢母の教えの場合はため時間中の守りにも寄与するのでケースバイケースか。
逆に嫉妬の眼差しなどを使って相手の駿才の効果を削る場合、ため終了を狙えば浄化の計も間に合いにくい。

この号令自体は武力+6と強力ではあるが、ためを安全に行い征圧力上昇効果を生かす為に自陣から発動し効果時間が前進に費やされることが多い。
敵がため時間中に潰しに来なければ、高武力で敵とぶつかり合える時間は手腕などよりも短くなる場合もある。
また、ため時間中の無防備な状態で相手に兵力を減らされていると発動してもぶつかり合いに勝つのは厳しい。

そしてこの号令は守りではまず使えないので守りが非常に苦手なデッキであり、守城で使える計略は必須となる。
発動タイミングと陸遜の位置取りの他に、攻めでも守りでも他の計略との連携は非常に重要である。

幸いため時間が終了する頃には士気が約1.5強、駿才の効果終了時に約2.5強溜まるので、他の号令よりもコンボで攻めやすいのは嬉しい。
士気12以上のコンボも現実的なのでワンチャンスで大きな戦果を出したいならば、士気の使い方を考える必要がある。
士気の使い方としてはため中の陸遜を相手から守るために使う防御用か、駿才で城に張り付いてから更に城ダメージをもぎ取るために使う攻撃用。
前者であれば太史慈や甘寧などの自爆をしない超絶強化は使い勝手が良い。
後者の使い方で相性が良いのは天啓の幻だろう。
士気13を使うが、天啓の理想である征圧を完了した状態で城に部隊を張り付けて撃つ形を駿才で補完できる。
駿才天啓は条件を整えるのは大変だが、消費士気の大きさに相応しい強烈な威力がある。
他にも、美周姫の号令でさらに武力を上げつつ素早く攻城をとる方法もある。
また、武力7がいれば目覚められる孫尚香の強烈な剛弓マウントも、士気の軽さの割に強力なので一考の余地ありである。

相手にした場合対処法として最もよいのはやはりため時間中に陸遜を落とす事。
落とせなくてもできる限り相手の兵力をに削っておくと無力化しやすい。
陸遜を落としに行くのが難しい状況では自城まで戻って城に貼り付かれたところで応戦をはじめ、少しでも高武力にぶつかる時間を短くしたい。
征圧はされてしまうが仕方ないと割り切り、攻城を防ぐ確率を少しでも上げたい。 連環の法も有効だが、使用タイミングを間違えない事。ため終わってから使わないと効果時間を無駄にしてしまう。
ために入った瞬間に潰しに行くか引いて対処するか、その判断を誤らないことが重要である。