カードリスト / 第1弾 / 群雄 / 張魯


武将名ちょうろ こうき
張魯 公祺「貴方の罪を告白なさい。
 そして信じなさい。五斗米道を!」

五斗米道の教祖。益州の支配者である劉焉の後ろ盾を受け、教団を統一。漢中の統治を任じられた。その後は漢中で独立国家を築き、30年にわたって維持。曹操の討伐軍が迫ると降伏し、宝物庫を明け渡したことで評価された。
コスト1.0
兵種弓兵
能力武力2 知力4 征圧力1
官職文官
特技防柵
将器兵力上昇 遠弓術 征圧力上昇
計略五斗の米撤退中の味方が1部隊復活する
必要士気4
Illustration : Daisuke Izuka


五斗米道米の教祖。
スペックは平凡だが、コスト1で防柵を用意できるのが長所。

計略の五斗の米は、撤退中の味方を1部隊復活させるというもの。
特に群雄の高コストで主力となるカードは知力が低いものが多くダメージ計略に弱いため、復活計略は魅力的。
また単純に一騎討ち等で事故った際のフォローにも使える。
ただし撤退中の部隊が2部隊以上ある場合どれが復活するかはランダムなので、出来るだけ確実に高コストが復活するタイミングで使用したい。
低コスト武将の復活というリスクを避けたいなら、士気2多く消費するが全部隊を復活させるSR張角や、
2色になるが、最高武力を復活させる祖茂や麋夫人を使用した方がいいだろう。

上記の武将の復活計略と違い自身の撤退というデメリットがないため、計略使用後も戦力になれる点は有難い。
特に高コスト中心の小枚数デッキでは武力2弓兵でも戦場に居ると居ないでは大違い。
少数精鋭型のデッキに低武力の弓兵を採用するのは勇気がいるが、いざと言う時に心強い後方支援役になれるだろう。

だがこの計略はデメリットがないとは言え武力上昇がないため士気4というのは重く感じる。
やはり群雄では呂布が復活対象の筆頭になるだろうが、この計略で呂布を復活させれば天下無双・飛に回す士気は少なくなってしまう。
先打ちのダメージ計略の抑止力として、天下無双・飛を使用する前に相手がダメージ計略を使えば復活させて士気差を作り、
そうでなければダメージ計略持ちを落としてから天下無双・飛を使うような用法が有効だろう。

五斗の米はメインとして考える計略ではなく、あくまで保険として採用する計略である点は留意が必要。
士気4を使わなくて済むなら使わない方が良いので、復活出来るからと言って高コストを使い捨てにするような運用では士気が足りなくなってしまう。
帰城できる部隊はちゃんと帰城させ、その分の士気を他の計略に回した方が戦果を挙げやすいだろう。
反逆の狼煙西涼の乱で撤退した味方を復活させ、強引に足並みを揃えて攻めると言う使い方もあるが、
計士気8を使う事になるので、それだけの戦果を挙げられるかどうか戦況判断が重要になる。

ちなみに計略は他の勢力であっても復活させられるが、魏以外の勢力には復活計略を持っているカードが存在する。
それぞれ微妙に効果が違うので住み分けは出来ており、一応出張もできる。
その場合やはり復活計略のない魏が居場所を作りやすい。関羽や夏侯淵などが復活対象として挙げられるか。