《堕天使の診察》


《堕天使の診察/Fallen examination》

通常罠
相手の攻撃宣言時に発動できる。相手モンスター1体の攻撃を無効にする。
このカードが墓地にある場合、自分は罠カード1枚を手札から発動できる。
この効果で罠カードを発動した後、このカードはデッキに戻してシャッフルする。
そのあと相手は2000ポイントのライフを回復する。

 闇を切り裂く星達で登場した通常罠。
 敵モンスター1体の攻撃を無効にする罠カード。
 攻撃を防ぐだけならば《和睦の使者》や《攻撃の無力化》など、他にも使いやすいカードは多い。
 しかし、このカードが墓地に存在する時、手札から罠を発動できるようになる。
 その後このカードはデッキに戻るため、何度も使いまわすことができる。
 相手を回復させるデメリットは《シモッチの副作用》によって利用できる。
 名前に堕天使が入っているのは、《堕天使ナース−レフィキュル》とのコンボを意識してのことだろうか。

  • 登場作品において
    伊月が使用。
    物語のキーとなる白夜のカードの1枚

登場作品

関連カード

  • 《処刑人−マキュラ》
  • 《堕天使ナース−レフィキュル》

関連リンク

FAQ

Q:このカードが墓地にあるとき、相手ターンに手札から罠カードを使用できますか?
A:はい。できます。

カテゴリ一覧

効果別

作品別

その他

重要

最新の20件

2019-01-28 2014-07-04 2014-01-19 2013-06-19 2014-07-04 2013-04-05 2013-04-12 2015-04-07 2014-07-04 2014-06-25 2014-06-21 2014-03-14 2014-03-10 2014-03-09 2013-07-25

今日の20件

  • counter: 776
  • today: 1
  • yesterday: 1
  • online: 2

edit