《守護神の転生》


守護神(しゅごしん)転生(てんせい)/Sentry reincarnation》

通常罠
自分の墓地・除外ゾーンの
「ガーディアン」と名の付くモンスターを全てデッキの一番下に戻す。
戻した枚数×600ポイント自分のライフを回復させる。
次の自分のターン終了時までに自分がカードをドローした時、
ドローしたカードを公開する事で公開したカードの種類により以下の効果を適用させる。
●「ガーディアン」と名の付くモンスター:テキストに記載された
装備魔法カード1枚を自分のデッキまたは墓地から1枚手札に加える。
●装備魔法:テキストに記載された「ガーディアン」と名の付くモンスター1枚を
自分のデッキまたは墓地から手札に加える。

 「ディメストシリーズ」で登場した通常罠。
 「ガーディアン」と名の付くモンスターを回収する効果、ライフ回復効果、ドローしたカードによってサーチ効果を発揮する効果を持つ。

 墓地・除外ゾーン問わずに回収できる為、ガーディアンが除外されても安心して再利用できる。
 召喚・特殊召喚に装備魔法を必要とするガーディアンには蘇生・帰還効果を持つカードは殆んど意味が無い為、デッキに戻すか手札に戻す方が無難。
 しかし、デッキの枚数が膨れ上がる為、事故率は終盤になるほど高くなるので注意。

 2つ目の効果はおまけと見て良いだろう。
 あって損は無いが、「ガーディアン」と名の付くモンスターにライフ回復と相性の良いモンスターは精々《守護天使 ジャンヌ》程度である。

 3つ目の効果は装備魔法を必要とするガーディアンのサルベージ効果。
 テキストに「ガーディアン」と名の付いた装備魔法の多くは、対となるガーディアンをデッキ・手札・墓地から特殊召喚する効果を持つ為、このサーチ効果の恩恵は薄いが(それでも手札コストを稼ぐ事はできる。)、一方でガーディアンにとっては対となる装備魔法が無ければ召喚できない為、1ターンの間とはいえ手札事故を回避できる。1つ目の効果でデッキにはガーディアンの比率が多くなる為、なんとしてでも手札事故を避けたい終盤なら尚更ありがたい効果となる。

  • このカードが登場した作品の《守護神の宝札》ドロー加速条件は墓地にモンスターがいない状態にする必要がある為、相手のエンドフェイズにこのカードを発動すれば、ほぼ確実にドロー加速できる。
    さらに、このカードの3つ目の効果はドローであれば何でも良く何回でも適用される為、サーチ効果を発揮する確率がアップする、という相互にシナジーが存在する。
  • 登場作品において―
    「ソウヤVSルオ」においてルオが使用。
    同作品の「ガーディアン」の対となる装備魔法の効果の関係上、3つ目の効果が生かされる場面は少ないが、《守護神の宝札》等の墓地にモンスターが存在しない事で真価を発揮するカードのサポートとなった。
    また、初期ライフが4000のあちらのルールではライフ回復効果も中々重要な立場にある。
    • ちなみに初登場時のサーチする効果はモンスターのみ墓地からサルベージできるが、このwikiに掲載されている最中に作者によってエラッタされ、装備魔法もサルベージできるようになった。

登場作品

このカードを使用する代表的なデッキ

関連カード

関連リンク


FAQ

 Q:3つ目の効果のサーチはチェーンブロックを作りますか?
 A:いいえ、チェーンブロックを作りません。

 Q:チェーン2以降で自分がデッキから「ガーディアン」と名の付くカードをドローした場合、どのように処理されますか?また、対象となるカードがデッキに存在しない場合はどうなりますか?
 A:その効果はチェーンの処理が全て終了した後に適用されます。対象となるカードがデッキに存在しない場合、相手にその事を公開した後、デッキをシャッフルします。
ただし、《ガーディアン・エアトス》のように、そもそもテキストに対象となるカード名が記載されていない場合は適用されません。

カテゴリ一覧

効果別

作品別

その他

重要

最新の20件

2019-01-28 2014-07-04 2014-01-19 2013-06-19 2014-07-04 2013-04-05 2013-04-12 2015-04-07 2014-07-04 2014-06-25 2014-06-21 2014-03-14 2014-03-10 2014-03-09 2013-07-25

今日の20件

  • counter: 1067
  • today: 1
  • yesterday: 0
  • online: 1

edit