《忌まれし天魔の右手》


《忌まれし天魔の右手》

通常魔法
ライフを800ポイント支払う。
デッキからカードを三枚ドローし、
その後手札から闇属性モンスター1体を墓地に送る。
手札に闇属性モンスターが存在しない時、手札を全て墓地に送る。

 E40にて登場したドローカード。
 ライフコストは《早すぎた埋葬》と同じでありデュエルが終盤にでも差し掛からない限り、気にならない。
 (そもそも遊戯王に限らず多くのカードゲームにおいてライフアドバンテージは軽視されやすい。ライフコストが一律2000の《神の警告》ですら準制限カードであり、5000という膨大なライフを要求する《デビル・フランケン》が禁止カードである事からもよく分かる。)
 むしろ、デメリットで気になるのは手札を全て捨てる点である。
 しかし、闇属性モンスターを多めに投入しておけば事故を起こす危険性は少なくなり、そもそもこのカードの実質完全下位互換の《闇の誘惑》が制限カードである。
 さらに、あちらと違ってこのカードは「除外」ではなく「墓地に送る」である。
除外されたカードの再利用手段が増えてきたとは言え、墓地に送っておく方が圧倒的に都合が良い。  やはり、『凶悪すぎる効果』と言われても仕方が無いだろう。

  • 登場作品において―
    E40にて牧野梢が使用した。
    その後、真紅眼のクロ竜の作品であるFORCE OF THE BREAKERに登場。~こちらでは赤の仮面が使用している。

登場作品

  • E40
  • FORCE OF THE BREAKER -受け継がれる意志-

関連カード

  • 《闇の誘惑》
  • 《終わりの始まり》

関連リンク

FAQ

Q:《忌まれし天魔の右手》の手札を全て捨てるデメリットは「手札から闇属性モンスターを墓地に送れない場合」と「手札から闇属性モンスターを墓地に送った後、手札に闇属性モンスターが存在しない場合」のどちらですか?
A:手札から闇属性モンスターを墓地に送れない場合です。(11/11/20)

カテゴリ一覧

効果別

作品別

その他

重要

最新の20件

2019-01-28 2014-07-04 2014-01-19 2013-06-19 2014-07-04 2013-04-05 2013-04-12 2015-04-07 2014-07-04 2014-06-25 2014-06-21 2014-03-14 2014-03-10 2014-03-09 2013-07-25

今日の20件

  • counter: 1166
  • today: 1
  • yesterday: 0
  • online: 1

edit