《可変機獣 リペアトロール》


《可変機獣 リペアトロール/Dual-Mode Beast Repair troll》

効果モンスター
星4/闇属性/機械族/攻1900/守0
このカードが召喚・特殊召喚に成功した時、
デッキから「可変機獣」と名のつくモンスター1体を墓地へ送る事ができる。
このカードが墓地へ送られた時、墓地の「可変機獣 リペアトロール」以外の
レベル4以下の機械族モンスター1体を表側攻撃表示で特殊召喚し、
このカードを装備する。
このカードを装備したモンスターの元々の攻撃力・守備力は半分になる。

 光浴びるその意味をで登場した闇属性・機械族の下級モンスター。
 可変機獣モンスターの1体。
 前半の効果は、召喚・特殊召喚時に発動する、可変機獣限定の《おろかな埋葬》《終末の騎士》。
 ただし、任意効果であるため、タイミングを逃す可能性がある。
 後半の効果は、下級機械族モンスターを蘇生する効果である。
 恐ろしいことに、「墓地へ送られた」タイミングで強制発動するため、このカードか蘇生対象がバウンス・除外されなければ何度でも蘇生効果を発揮できる。
 《カードガンナー》等、有用な下級機械族を蘇生しよう。シンクロ・エクシーズ素材を揃えるのも良い。

  • この手の蘇生カードにありがちな、「フィールドを離れた時」や「破壊された時」に蘇生対象を道連れにする効果がない。
    つまり、このカードを何らかの方法で墓地へ送るなりバウンスするなりすれば、攻撃力・守備力半減というデメリットすら消えた完全蘇生となる。
  • デッキにこのカードを複数枚搭載しておくと、召喚時に同名カードを墓地へ送ってすぐさま下級機械族を蘇生できる。
    チューナーを蘇生すればシンクロに、レベル4モンスターを蘇生すればエクシーズにと、環境によっては応用の幅が非常に広いカードになるだろう。
  • 《A・O・J リバース・ブレイク》と《サイバー・サモン・ブラスター》を組み合わせるとワンターンキルが可能。
    手順は以下の通り。
  1. 《サイバー・サモン・ブラスター》を発動し、場に光属性モンスターを揃えておく。
  2. このカードの効果で《A・O・J リバース・ブレイク》を蘇生する。
  3. 《A・O・J リバースブレイク》の効果で自身の表示形式を変更する。
  4. 《A・O・J リバースブレイク》が自身の効果で破壊される。
  5. 2へ戻る。
    《A・O・J リバース・ブレイク》と光属性モンスターでなくとも、《輪廻独断》と蘇生時に自壊する下級モンスターでも代用が可能。

登場作品

関連カード

  • 《おろかな埋葬》
  • 《終末の騎士》

関連リンク

カテゴリ一覧

効果別

作品別

その他

重要

最新の20件

2019-01-28 2014-07-04 2014-01-19 2013-06-19 2014-07-04 2013-04-05 2013-04-12 2015-04-07 2014-07-04 2014-06-25 2014-06-21 2014-03-14 2014-03-10 2014-03-09 2013-07-25

今日の20件

  • counter: 1048
  • today: 1
  • yesterday: 0
  • online: 1

edit