《可変機獣 ランチャースパイダーTM−2》


《可変機獣 ランチャースパイダーTM−2/Dual-Mode Beast Launcher Spider Mk2》

効果モンスター
星7/炎属性/機械族/攻2200/守2500
このカードは自分フィールド上の「TM−1ランチャースパイダー」を
生贄に捧げて特殊召喚することができる。
この効果で特殊召喚したとき、このカードの攻撃力は800ポイントアップする。
フィールド上に表側表示で存在する限り、このカードは魔法の効果を受けない。
守備表示モンスター攻撃時、その守備力を攻撃力が超えていれば、
その数値だけ相手に戦闘ダメージを与える。
また、このカードが相手プレイヤーに戦闘ダメージを与えた時、
自分はカードを1枚ドローする。
この効果でドローした後、1ターンに1度だけ、
ライフを1000ポイント払って以下の二つの効果から
一つ選択して発動することができる。
●相手フィールド上にモンスターがいる場合、もう1度だけ攻撃できる。
●更にカードを1枚ドローする。

 つなぐその手はで登場した炎属性・機械族の最上級モンスター。やはり、テキストが長い。
 《TM−1ランチャースパイダー》の上位カード。
 特に取り柄のないレベル7の通常モンスターをリリースすることで、攻撃力が3000ポイントに達する。この上昇値を大きいと見るかどうかは使い手次第。
 魔法に対する耐性があり、《地砕き》などの除去に強い一方、罠やモンスター効果に対しては無防備。
 魔法耐性効果に関しては、作中で「対魔法装甲」と称されており、原作のバンデットキースを意識している事が伺える。
 貫通ダメージにドロー効果と、《天空騎士パーシアス》のような効果を持っている。
 また、ライフコストを払って連続攻撃かドローターボとしても活用できる。ライフコストはやや大きいものの、攻撃が通れば2枚ドローできるというのは大きい。

  • 特殊召喚モンスターではないため、通常召喚が可能。
  • 《可変駆動》でそのまま特殊召喚してしまう手もある。
    その場合、攻撃力の高い《可変機獣 ガンナードラゴン》とどちらを優先するか悩むことになるだろう。
  • 登場作品において
    「つなぐその手は」では、相田 たのかが使用。
    一章5のサーシャ戦では《可変駆動》から特殊召喚された。
    また、二章7の和沙VSゴーストではゴーストが使用。
    《TM−1 ランチャースパイダー》を生け贄に捧げて特殊召喚された。

登場作品

  • つなぐその手は

関連カード

  • 《TM−1ランチャースパイダー》

関連リンク

カテゴリ一覧

効果別

作品別

その他

重要

最新の20件

2019-01-28 2014-07-04 2014-01-19 2013-06-19 2014-07-04 2013-04-05 2013-04-12 2015-04-07 2014-07-04 2014-06-25 2014-06-21 2014-03-14 2014-03-10 2014-03-09 2013-07-25

今日の20件

  • counter: 2851
  • today: 1
  • yesterday: 0
  • online: 2

edit