《プチダロス》


《プチダロス/Petit darus》

効果モンスター
星3/水属性/海竜族/攻1200/守 800
自分フィールド上に表側表示で存在する「海」を墓地へ送る事で、
相手フィールド上のモンスターを1体破壊し、
自分のデッキから海竜族モンスター1体を手札に加える。

 「DIMENSIONAL STORY マッチキルモンスターの脅威」で登場した、水属性・海竜族の下級モンスター。
 「海」をコストに相手フィールド上のモンスター1体を破壊し海竜族モンスターをサーチする起動効果を持つ。

 効果は《コダロス》の効果の対象が狭まった代わりにサーチ効果が付いたもの。
 モンスター限定で無効にされ易い破壊とはいえ1:2交換なので中々強力。
 海竜族をサーチする効果も付いているので《海竜−ダイダロス》や《コダロス》に比べて息切れし辛いのも利点。
 海竜族以外の制限は一切無いので、強力だがサーチし辛い《海竜−ダイダロス》や《海竜神−ネオダイダロス》がサーチできるのは嬉しい所。
 《深海のディーヴァ》はこのカードの効果でサーチでき、このカード自身も《深海のディーヴァ》でサーチ可能なので是非セットで投入したい。
 ステータスが《コダロス》より更に低いがあちらと同様《グリズリーマザー》でリクルート可能。

  • このカードのお陰で本格的に【海竜族】を作る理由になり得る。
    【伝説の都アトランティス】でも良いのだが、《深海のディーヴァ》とこのカードでサーチ・リクルートを繰り返しているとあっという間にデッキの海竜族が尽きてしまう可能性もあり得るので海竜族は多めに投入しておきたい。
  • このカードの効果は1ターンに何度でも発動できる。
    もしもの話だが、もしも《アトランティスの戦士》が海竜族モンスターだった場合、相手のモンスターを3体除去した上でデッキから海竜族モンスターを手札に加えられるという恐ろしい事態になっていた。



  • 登場作品において―
    DIMENSIONAL STORY マッチキルモンスターの脅威第六話の「シンマVS大門寺」において大門寺が使用。
    《深海のディーヴァ》からリクルートされ《伝説の都アトランティス》をコストに効果を発動した。
    破壊対象の《LS−フレム・ドラゴ》《緊急脱出装置》によって回避したが、デッキから2枚目の《深海のディーヴァ》をサーチした。
    最終的に、自身をリクルートした《深海のディーヴァ》と共に《神海竜ギシルノドン》のシンクロ素材となった。
  • 名前は《コダロス》同様《海竜−ダイダロス》からきている。
    「大ダロス」→「小ダロス」ときて「プチダロス」にまで小さくなった。


登場作品

このカードを使用する代表的なデッキ

  • 【伝説の都アトランティス】
  • 【海竜族】

関連カード

カテゴリ一覧

効果別

作品別

その他

重要

最新の20件

2019-01-28 2014-07-04 2014-01-19 2013-06-19 2014-07-04 2013-04-05 2013-04-12 2015-04-07 2014-07-04 2014-06-25 2014-06-21 2014-03-14 2014-03-10 2014-03-09 2013-07-25

今日の20件

  • counter: 1158
  • today: 1
  • yesterday: 0
  • online: 1

edit