《デコイポーンデーモン》


《デコイポーンデーモン/Decoypawn Archfiend》

効果モンスター
星1/闇属性/悪魔族/攻 0/守2000
このカードの戦闘によって発生する自分へのダメージは0となる。
このカードがフィールド上に表側表示で存在する限り、
相手は「デコイポーンデーモン」以外の「デーモン」と名の付く
モンスターを攻撃対象に選択できない。
「デコイポーンデーモン」は以下の効果を相手ターンに1度しか使用できない。
●自分フィールド上に「デーモン」と名の付くモンスターが攻撃対象に選択された場合、
ライフを半分払う事でこのカードを手札又は墓地から自分フィールド上に特殊召喚し、
このカードに攻撃対象を移す。

 「DIMENSIONAL STORY マッチキルモンスターの脅威」で登場した闇属性・悪魔族の下級デーモン
 他の「デーモン」の攻撃の身代りになる永続効果と自身を特殊召喚して自身に攻撃対象を移す誘発即時効果を持つ。

 効果は名前どおり他のデーモンの「デコイ=おとり」となる効果である。
 このモンスター自体も守備力はブロッカーとして合格点に達しているので、あまり腐る事は無いだろう。

 しかし、前半の効果はこのカードが表側表示でなければ適用されない為、登場作品のように普通にモンスターを表側守備表示で出せるならば問題は無いが、OCG等では余り役に立たないことが多い。

 後半の効果は相手の攻撃宣言時に発動できる身代り効果だが、1度使ってしまうと、そのターンは他の《デコイポーンデーモン》も同じ効果を発動できなくなってしまうので使うタイミングは見極めたい。
 さらにライフコストが凄まじく重いので、この効果は残りライフがあと僅かな時以外は余り使いたくない。
 攻撃の身代りになったは良いが、そのターンのバトルフェイズ中に直接攻撃モンスターを特殊召喚されて残り僅かなライフを削りきられたでは笑い話にもならない。
 このカードの効果を使用する際は総じて、駆け引きが重要になってくるだろう。

  • 登場作品において―
    DIMENSIONAL STORY マッチキルモンスターの脅威」の風馬VS久我(魔導師)において風馬が使用。
    残りライフ僅か200の状態で《タイラント・ドラゴン》の2回目の攻撃時という理想的なタイミングで効果を発動し、《デーモン・カオス・キング》と風馬のライフを守った。

登場作品

このカードを使用する代表的なデッキ

関連リンク

カテゴリ一覧

効果別

作品別

その他

重要

最新の20件

2019-01-28 2014-07-04 2014-01-19 2013-06-19 2014-07-04 2013-04-05 2013-04-12 2015-04-07 2014-07-04 2014-06-25 2014-06-21 2014-03-14 2014-03-10 2014-03-09 2013-07-25

今日の20件

  • counter: 860
  • today: 1
  • yesterday: 0
  • online: 3

edit