電気店経営者惨殺事件

平成2年7月、高知市で電気店経営者が殺害され、現金が奪われた電気店主強盗殺人事件が、
24日午前0時で発生から15年を経過し、殺人罪の公訴時効が成立する。
捜査本部を置く高知署はこれまで延べ7万人の捜査員を動員し捜査を進めてきたが、
容疑者の特定には至っていない。

殺害されたのは、同市新本町2丁目、「ダイイチニチドー電気」経営、橋本信治さん(当時62)。
2年7月24日午後11時45分ごろ、同市愛宕町1丁目の同店裏側の駐車場で、橋本さんが
顔や胸を刃渡り10センチ以上のナイフ様のもので刺され、死んでいるのを家族が見つけた。
これまでの調べでは、同日午後9時40分ごろ、店のシャッターを閉める橋本さんの姿が
通行人に目撃されたのが最後の足取り。
犯行時刻は、それから同10時半ごろの間とみられる。
橋本さんは30カ所近くを切りつけられ、店の売上金約60万円が入った2つのショルダーバッグ
もなくなっていた。執拗(しつよう)に刺す残忍な手口などから、捜査本部は確定的な
殺意があったとみて、顔見知りのえん恨、物取りの両面から捜査を進めてきた。

有力情報として浮上したのが、犯行時刻前後の午後10時すぎ、現場から東に約2.2キロ離れた
同市南御座のスーパーに、上着にべっとりと血のりを付けたまま服を買いに来た男。
男は上着を買うと、興奮した様子で足早に立ち去ったという。
捜査本部は、この「血のりの男」の割り出しを進めたが、事件と結びつく証拠も
発見できず、特定もできていない。
県警はこれまでに総人数約2万人から事情聴取したほか、橋本さんとトラブルがあったと
みられる人物などをピックアップし内偵したが、いずれも決め手を欠いた。
現場周辺での不審者の目撃情報も乏しく、犯人の遺留品も発見できず、捜査は当初から難航した。
当時の捜査幹部は「動機面の背景が見極めにくい事件だ」と話し、「あの日はとにかく暑かった。
近隣の家がエアコンをつけ、窓を閉め切っていたため、被害者の悲鳴を聞いている人もいなかった」
と振り返る。
1981〜1990

  • counter: 15260
  • today: 1
  • yesterday: 2
  • online: 3

最新の20件

2017-11-25 2017-11-16 2017-10-12 2017-04-24 2017-03-07 2015-06-21 2014-09-24 2014-09-19 2013-03-07 2016-04-17 2016-05-29 2016-02-08 2015-11-23 2015-11-15 2015-11-04

今日の10件

  • counter: 15260
  • today: 1
  • yesterday: 2
  • online: 3