ローカル変数一覧


Game Maker Language リファレンス > ローカル変数一覧

ローカル変数一覧

ローカル変数とは、各インスタンスが生成時に個別に設定されている変数となります。(インスタンス・プロパティ)

固有値・性質等

*印は読み取り専用。
id*
インスタンスID。
object_index*
インスタンスのオブジェクトインデックス。
solid
ソリッドかどうかを指定する。
persistent
ルームが変更されても存在するかどうかを指定する。

位置・移動

*印は読み取り専用。

座標

x
インスタンスの位置のルームx座標。
y
インスタンスの位置のルームy座標。
xstart
インスタンス生成時のルームx座標。
ystart
インスタンス生成時のルームy座標。
xprevious
前ステップのインスタンスのルームx座標。
yprevious
前ステップのインスタンスのルームy座標。

速さ・方向

speed
インスタンスの移動速度。pixel/step。斜めでも調整される。
hspeed
インスタンスの横方向の速度。pixel/step。
vspeed
インスタンスの縦方向の速度。pixel/step。
direction
インスタンスの移動方向。0で右方向、画面に向かって左回りで0-360。
friction
ステップごとに速度を減らす量。speedが0だとそれ以上減らない。
gravity
ステップごとの加速度。
gravity_direction
加速する方向。デフォルトで270。(画面に向かって下方向)

表示関係

*印は読み取り専用。
visible
スプライトを表示するかどうかを指定する。
sprite_index
インスタンスが使用するスプライトのインデックス。
sprite_width*
使用しているスプライトの横幅。
sprite_height*
使用しているスプライトの縦幅。
sprite_xoffset*
スプライトプロパティで指定されているx方向のオフセット量。
sprite_yoffset*
スプライトプロパティで指定されているy方向のオフセット量。
image_index
現在表示しているスプライトのサブイメージ番号。
image_number*
スプライトが保持しているサブイメージの枚数。
image_speed
スプライトのアニメーション速度。デフォルト値は1。値を0.5とすると2ステップで1枚ずつ変更していく。
image_single
アニメーションしない時の表示するサブイメージ番号。ver 5.3Aの名残。
image_xscale?
スプライトのx方向のスケール。
image_yscale?
スプライトのy方向のスケール。
image_alpha
スプライトを描画するときの透過度(0-1)。0で完全透過。1で透過処理無し。
image_blend
スプライトを描画するときのブレンドカラー。デフォルトでc_white。Pro Versionのみ有効
image_angle
スプライトを描画するときの回転角。0-360で指定する。Pro Version,8.1以上のみ有効
depth
表示する深さ。大きいほど奥に表示される。
mask_index
インスタンスがマスクとして使用するスプライトのインデックス。
bbox_left*
当たり判定用の境界枠の左側位置。
bbox_top*
当たり判定用の境界枠の上側位置。
bbox_right*
当たり判定用の境界枠の右側位置。
bbox_bottom*
当たり判定用の境界枠の下側位置。

タイミング

*印は読み取り専用。

アラーム

alarm[0..11]
アラームイベントが発生するまでのステップ数。自動でステップ毎に1ずつ減る。

タイムライン

timeline_index
インスタンスに設定しているタイムラインのインデックス。
timeline_running
タイムラインが現在動作中かどうか
timeline_speed
タイムラインの実行速度。デフォルトで1。0.5で通常より2倍長くなる。
timeline_position
現在実行しているタイムラインの時間的位置。
timeline_loop
タイムラインを繰り返し実行するかどうか

パス

*印は読み取り専用。
path_index*
現在実行しているパスのインデックス。
path_position
パスの現在の経過位置。
path_positionprevious
パスの直前の経過位置。
path_speed
パスの追従速度。pixel/step。
path_orientation
パスを回転補正する。0-360で指定する。左回り。
path_scale
パスのスケール。
path_endaction
パスの追従終了時の振る舞いを指定する(0-3)。値の意味はpath_start()を参照。

物理エンジン

変数

以下の変数は物理エンジンが有効なオブジェクトにおいて、変更可能なパラメータとなります

phy_active?
物理エンジンが有効かどうか
phy_angular_velocity?
phy_angular_damping?
phy_linear_velocity_x?
phy_linear_velocity_y?
phy_linear_damping?
phy_speed_x?
phy_speed_y?
phy_position_xstart?
phy_position_ystart?
phy_position_x?
phy_position_y?
phy_position_xprevious?
phy_position_yprevious?
phy_rotation?
phy_fixed_rotation?
phy_bullet?

読み取り専用

以下は読み取り専用の変数で、スクリプト上から変更することはできません。

phy_speed?
phy_com_x?
phy_com_y?
phy_dynamic?
phy_kinematic?
phy_inertia?
phy_mass?
phy_sleeping?

読み取り専用(衝突パラメータ)

以下は物理計算に必要なテンポラリの変数で、衝突イベント時に作成されます。読み取り専用なので値を変更することはできません。

phy_collision_points?
phy_collision_x?
phy_collision_y?
phy_col_normal_x?
phy_col_normal_y?

Wiki内検索

#search(): You already view a search box

MENU

ドキュメント

GMLリファレンス

2ch

その他



最新の30件

2016-10-01 2017-01-22 2017-01-14 2016-12-25 2016-12-02 2016-10-09 2016-09-25 2016-09-21 2016-08-29 2016-06-21 2016-02-23 2016-02-10 2016-01-18 2015-10-30 2015-10-20 2015-06-23 2015-06-20 2015-06-19 2015-06-10 2015-06-09 2015-06-07 2015-06-05 2015-06-03

人気の10件

今日の10件



これまでの訪問者: 17587
今日の訪問者: 9
昨日の訪問者: 12
閲覧者: 5