ステラ・ルーシェ


ステラ・ルーシェ

【所属】地球連合軍第81独立機動群「ファントムペイン」
【フルネーム】ステラ・ルーシェ
【CV】桑島法子
【登場】01話〜
【搭乗艦】
【階級・役職】ガイアガンダムのパイロット。
【備考】エクステンデッド。ブロックワード「死」

【年齢】
【生年月日】不明
【身長】163cm
【体重】43kg
【血液型】A型
【星座】不明
【趣味、好きな物】

SEED

地球連合軍第81独立機動群「ファントムペイン」に所属する女性エクステンデッド兵士。
アーモリーワンのセカンドステージMS強奪作戦で奪った機体の1機「ガイアガンダム」のパイロットとなる。
やや感情表現は希薄な少女だが、上官のネオ・ロアノークを父親のように強く慕っており、彼の前では年頃の少女の顔を見せる。だが一度戦闘になると豹変し、コーディネイターの兵士達をも圧倒する程の強さを見せる。死のブロックワードを持ち、自分の命が奪われる事を異常に恐れている。
強奪作戦終了後はそのままミネルバ追撃に当たり、宇宙、地上にて幾度となく激戦を繰り広げた。かつて自分が育ったロドニアのエクステンデッド研究所跡がザフトの調査を受けている事を聞くと、独断でガイアを起動させ単身現場に向かってしまう。そして迎撃してきたシンのインパルス、アスランのセイバーと交戦し敗北。 幸運にも軽傷で済んだものの、そのままミネルバの捕虜となった。だが彼女は定期的に投薬や専用のメンテベッドで調整を受けなければ生きていけないエクステンデッド。ミネルバ艦内の医療施設では手の施しようが無く、日に日に衰弱していく。そしてこのままでは埒が明かないと判断した艦長のタリアと軍医は、治療を打ち切り連合エクステンデッドの貴重な「生きたサンプル」として軍本部に引き渡す事を決定。しかし偶然話を聞いたシンは独断で彼女を連れ出し、ガイアの識別コードを使って呼び付けたネオを通じて連合に引き渡した。もう2度と彼女を戦場に送らないという条件で。だが人権を否定された生体兵器エクステンデッドの宿命を変える事は出来ず、治療を受けたステラは新型の超巨大MSデストロイのパイロットとして再び殺戮を繰り返し始める。そして、ベルリンの戦いでフリーダムによって乗機は撃墜。最期はシンに見取られながら永遠にその瞳を閉じる。

DESTINY

コメント

  • 実はカナヅチ。
  • ステラ(stella)はラテン語及びイタリア語で「星」の意味。
  • 「死」と言う言葉を聞くと異常なほどに反応する。(怯える) (水)
  • ベルトがザフトのものなのは、なぜ? (797B)
  • 当たり前だが、某有名クッキーの銘柄とは縁も所縁もない。
  • 更衣室は男性と同じ
  • 戦災孤児(らしい)「Zガンダム」のフォウ・ムラサメと同じく過去の記憶がないブーステッドマン(強化人間)
  • 21話でシンと運命的な出会いを果たす。
  • しゃべり方が、幼い。
  • くるくる回り出した時が最も危険。
  • 危険も省みず陰の上でくるくる踊って落っこちて(兵士なのにこんなアホで良いんか…)、あっさり溺れて(泳げない特殊兵士って…)、何気ない(戦場なら日常茶飯事な用語だろうに…)一言で暴走。 悪い意味でとても戦争出来る人には見えない。
  • ハイネをたおした
  • フリーダムに敗北した
  • ラッキースケベの被害者。
  • どことなく、フレイ・アルスターに雰囲気が似ていて、彼女はフレイのクローン体ではないかという噂がある。
  • ラスティ・マッケンジーの妹説が出ている。ついでに…ステラの軍服ベルトはザフト軍のもの。死んだ兄の形見だそうだ。
  • やっぱりウルトラマンダイナでステラの名前のキャラがいました。(猫役)
  • 怒らすと怖いとは聞いていたが、表情から見てかなり根に持つ子供のようである。むしろシンとうまが合うのであろうか?
  • 彼女の単独でガイアに乗り込み、インパルスとセイバーと交戦したが、あっけなく敗戦。運命の糸に導かれるかのようにシンと再会したが、メンテナンスベットで調整され、記憶のない彼女にとって今のステラからはシンはどう見えるのだろうか。
  • 彼女も大きな戦場に出れば、カガリの時のようにSEEDがはじけて、バーサーカーとなるであろう。おそらく想像以上の戦闘力を発揮するという予感がする。 (預言者)
  • ブロックワードを聞いたというのに、取り乱す様子がなかった。それは、シンの守るという言葉が彼女を支えているのではないかと思う。
  • ↑単にスタッフが気づかなかっただけなきが・・・
  • もし、彼女のSEEDが弾けたら、どのようなバトルを見せてくれるのか。
  • ↑絶対彼女はいずれSEEDが弾け、ものすごい戦いを見る事ができると思う。最初の相手はシン・アスカであろうか。かつてのキラとアスランの激しい戦闘を繰り広げたように。
  • 戦闘になると性格が激変する。
  • 怒りをあらわにした表情は、シン・アスカと同じ雰囲気であった。かなり性格的に根に持つタイプと見た。
  • 幼い頃から戦闘教育ばかり受けてきた…のに何故泳げん(笑)
  • 若年性痴呆症の気。
  • ステラのSEEDが発動し、バーサーカーとなったら、無表情のまま、敵を平気で倒しそうな、文字通りの生きた殺人兵器になりそうである。
  • 「うぇ・・・・・・うぇえええええぇぇえぇぇい!!!!!!」って言ってたらしい。アスランに襲いかかるときに。
  • 彼女ミネルバの捕虜になってしまい、かつてアークエンジェルにディアッカ・エルスマンが捕虜になり、その後バスターガンダムに乗り込み、地球軍からアークエンジェルを守ってくれたように、ステラもガイアガンダムに乗り込み、ミネルバを守ってくれるのであろうか。
  • 発達障害を抱えた感じのピュアっ娘。学校だと特別学級に配属されそう。
  • MSに乗ると喋りが早くなる
  • 演じている桑島さんは「(ステラは死にそうな気配があるけど)もう死にたくない」だそうです。生き残るといいですね・・・
  • 地球軍からは、彼女は喪失となってしまい、スティング・オークレーとアウル・ニーダからステラの記憶は消されてしまい、基本的に彼女の帰るべき場所を失ってしまった。もう彼にはシン・アスカしかついていない。
  • 記憶操作を請けていてもシンのことは覚えていた。
  • 2番目の書き込み…お星様になることを暗示してますね。
  • ミネルバの医療室で必死に自分の体の負担と戦っている。本来はメンテナンスベットに入って最適化を施さなければならない。
  • 30話でシン・アスカとレイ・ザ・バレルによってネオ・ロアノークの元へ送り返される。
  • 31話でノーマルスーツを新着。
  • どうもザフト側からは死んだ事にされた様だ
  • 記憶を消された為スティングからは成り上がり者と見られるようになる。
  • ネオ、ガイア、デストロイと何故か黒色と縁がある。
  • 破壊の申し子となってしまった…
  • 32話、シンの説得空しくフリーダムの攻撃で戦死する。
  • ファントムペイン戦死者3人目。彼女の戦死をもってエクステンデッド部隊は事実上全滅する。
  • キラのとどめ以前に、シンがコクピット付近をビームサーベルで斬った際の破片が体中に刺さったのも、致命傷に思えるが。
  • 死ぬ前にシンに自分の気持ちを伝えられたという、悲痛なヒロインであった。
  • 32話では泣き叫ぶばかりだった。
  • シンとの純愛は見る者の涙をさそった。
  • ヒロインの座を途中でルナマリアに奪われてしまい、残酷な運命と共に散った (祈夜)
  • フリーダムは悪だと認識していた。
  • いまだに彼女の制服の腕の部分が、なぜ上半分切り取ってあるのかが分からない。最初は手袋だと思ってたよ。
  • シンの心を照らすお星様となって欲しい。 (かごめ)
  • シンに対するヒロインだったのに、シン主人公降格により、すっかり忘れ去られた哀れなヒロイン。
  • ↑忘れられたどころか、4クール以降の回想シーンでは、ほぼ毎回これでもかとばかり登場している。
  • 最終話、撃墜されたシンの夢の中に、お約束の裸幽体で登場。未来への希望(つまりデスティニープランの破綻)を暗示していると思われる台詞を吐いて去った。
  • コミックボンボン版での戦死シーンでは遺体すら残らなかった。
  • 実はファンの間で彼女の延命を願う運動が起きていた。にもかかわらず、結局死亡・・・。この時ばかりは負債を怨みたくなった(血涙)。
  • エクステンデットはブーステッドマンの反省を生かし「暴走せずに命令通り動ける」と言うのを売りとしている筈なのだが、前半スティング並みの理性を持っているなら兎も角、ステラともなると思考力の弱さから突拍子も無い行動する事も多く彼女の場合は「暴走せずに命令通り動ける」と言うコンセプトを全くクリアできていないどころか寧ろ退化している(オルガ達のほうがまだ思考判断力はあった)
  • どうもこの作品で桑島女史の演じるキャラは全て戦死している。他の作品でもそうだけど、いくらなんでもひどいのでは?
  • ラクスと同じく変な言葉を使う子。助詞がない。
  • キラの乗るフリーダムがこの子の視界に入らなければ、この子が攻撃を再開し、キラに殺されることもなかったのに・・・。
  • シンとの絡みではカタコト言葉を使っているように聴こえる。まるで少年と異邦人の少女とのやりとりのようだ。
  • ちなみに彼女の死を悔やんでいるのは余程のステラ好きの方だけ。それ以外の方は大体「仕方がない」と割り切った。
  • フリーダムが視界に入って暴走したことをシンが知っているのなら「何も知らないくせに!」といえるのだがその本人が何も知らないうえであそこまで執着すると、プライドを傷つけた相手に復習するための大義名分に持ち出されたようにしか見えない。
  • ボンボン版最終回にも幻想としてあらわれた。でもアニメとちがってちゃんとした会話になってる。何一つ守れなかったと嘆くシンに明日があると教えてくれた。そしてシンは希望を持つという感じだった。
  • エクステンデッドという時点で全人権が否定されている=世間的に見れば人間とは認められない存在なので、人間の道徳や倫理という概念とはあてはまらないから人を何万人殺そうと、本人が罪悪感を感じる必要はまったく無し。ベルリンでの被害者の方達が哀れである。
  • もともと明らかに死ぬことが決まっていたキャラだったが、もうちょっと死に方にひねりが欲しかった。
  • アウルとスティングは普通にしゃべれるのに何でこの子は、単語会話なんだ?
  • ↑おそらく身体的に限界が来ていたものと思われる。ミネルバにいる間、定期的処置ができなかったのが原因かと
  • 更衣室は男子と一緒だし、フリーダムには足蹴りさせられるわ、シンには胸つかまれるわで本当に悲惨な方。
  • 小説版では最後は血だらけになっていた。
  • ボンボン版の最期では暴走したものの、インパルスを見て正気を取り戻す。が、既にツォーン&スーパースキュラの発射体勢に入っていたため発射停止不能な状態に陥った。「逃げて!」とシンに叫ぶステラをキラのビームサーベルが一閃。キラ、お前・・・・・・(汗) (みーてぃあ)
  • 結局は「強化人間は幸せになれない」というジンクスを破れなかった
  • 明らかにステラよりも損傷の酷かったムウ・アス・キラは生きていて何故ステラは即死?
  • コミックボンボン版の最終回での登場では、服を着ていてよかった。あと、しゃべり方も標準だった。よかったね
  • 大量虐殺しまくっていても・・・罪の意識は皆無。ベルリン市民にとっては、怨み骨髄な人だな。
  • ↑最もそういう教育しか受けてなかったので彼女を責めるのは酷である。-シンが彼女を連合に帰したばかりに大勢の人が死ぬ羽目になったというが、彼女が連合に戻されなくともデストロイのパイロットは他にもいたので大量虐殺が行われたことには変わりはない。
  • シンをカミーユに例えると彼女はフォウだろうかロザミィだろうか?
  • ジブリールからは「殺戮兵器」として、そしてデュランダルからは「シンを手懐けるための格好のエサ(実際には逃がしたことを不問とする事だけど)」と、両陣営から利用された悲劇のエクステンデッド。明日ね、のセリフは、とりあえず裸は引いたが意味字体は深いものがある。-情緒不安定さが最も激しい、という共通点からか「シャニの後輩的存在」という人もいる
  • 最期はアフメドと似たような感じか…(恋人に看取られるあたり)
  • 精神年齢はシャニとどっこい
  • 自身のことを「私(あたし?)」とちゃんと言う時もあるのに、男性の前では「ステラ」と言うため、現実世界に存在すれば女性が嫌いな女性のタイプかも。
  • 共同作業所に行くべきだったが、ロドニアラボという戦闘用強化人間養成施設に預けられたのが彼女の悲劇の始まりと言えよう。
  • ベルリンで数万人単位の大量殺戮を犯した少女。また、本来ならばザフトにとってはハイネの「仇」である。
  • ガンダムのロミジュリカップルは幸せになれない、のジンクスを破れなかった。今のとこ、08小隊のシローとアイナが例外なくらい。
  • 15話にて、連合軍の悪いおじさんにセクハラされかけた。
  • 自分が死ぬことを恐れていても他人を殺めるのは平気という点が指摘されるが、それについて彼女を責めるのは酷である。責められるべきはそういう風に教育した連合(というよりブルーコスモス)である。
  • ネオの証言によるとデストロイに適正らしいが、以前の専用機と全くタイプのちがうデストロイが適正とは思えない。デストロイに乗った人を見ると通常よりも精神が危険な状態であったことを考えると、捨て駒として身体を精神崩壊寸前まで追い込むほどの、破壊的な性格にしてデストロイに乗せられた可能性がある。
  • 結局彼女の死因は何だったのだろう。遺体がちゃんとキレイに残っている事から、ビームサーベルによる焼死でない事は確かな筈でが。(脳関連の)ショック死に近いものだろうか。
  • 爆発による全身打撲・内臓破裂によるものと
  • いわゆる刑事責任を負えない的な精神。
  • ステラは自分が死ぬのは怖いくせに、他人を殺すことは平気らしい。
  • 強化人間は、人としての感情も権利も与えられていないようだ。単なる殺略マシーン。だったら、死を恐れるステラは欠陥品か。
  • 精神が壊れやすい
  • 正確に判断する事の出来る理性を十分に備えているわけでもなく、何かのはずみで暴走してしまうこともしばしば。それが戦闘時だけなら兎も角、ディオキアでいきなり行方不明になったり、格納庫壊してガイアで飛び出したりなど戦闘時外でもそういった行動を行ったりするのは大いに問題あり。戦闘時は暴走も多く凶悪ながら非戦闘時では案外大人しいブースデットマン勢以上に実は始末が悪かったりする。-人は殺せて自分が死ぬのは怖いというのがよく言われるが人を殺せなければステラは確実に「処分」されていた。しかし死ぬのが怖いというのはエクステンデットとして不良品でありステラはやはりパイロットとしては問題が多く、やはり実験体程度のものでしかないだろう。どうしてブルーコスモスはもっとましなのを作れないのか・・・
  • 死ぬのが怖いということは確かに欠陥だが、それを逆手に取り「死にたくなければ目の前の敵を皆殺しにしろ」と言いくるめることも出来る。
  • 兵士は人を殺すのが仕事だが、それでも殺すべきでない人間は(やむを得ない時を除き)殺すものではない。しかし彼女たちエクステンデッドはそこまでの良心を持たされなかった。
  • 仮に生き残ったところで、まともな余生はまず送れないであろうキャラ。リハビリも尋常ではない手間が掛かりそうだ。
  • ラスティ・マッケンジーの妹説が、あるが、MSを奪還した時に、ベルトを持ち帰ったとゆう可能性がある。 (鐘)
  • 父親のような目でみていたネオや、「死なない」「守る」という言葉をかけてくれたシンなど、自分を安心させてくれる存在を慕う。
  • STARGAZERに登場
  • 強化人間(エクステンデット)でしかも女性だから短命は確実。遺体ならアニメや小説でちゃんとシンに弔って貰えただけでも救いだと思うよ。
  • 人間兵器だけあってやはり戦場以外では生きられる場所はなかった。
  • ピンク、黒、赤の3色に縁がある。
  • スペシャルエディションそれぞれの剣のEDでシンと手を繋ぐシーンをアウルやスティング、ホーク姉妹、レイに見守られていた。

プチ掲示板

【コンテンツ】

  • 種サーチトップページ
  • 使用ルール

【大辞典MENU】
★テンプレート

最新の20件

2024-05-08 2024-05-07 2024-04-14 2024-03-20 2024-03-02 2024-02-13 2024-01-06 2023-12-11 2023-10-09 2023-09-05 2023-07-18 2022-06-05 2022-06-02 2022-05-25 2022-03-12 2020-09-11 2020-07-24 2019-11-19 2019-10-20

今日の20件

  • counter: 1691
  • today: 1
  • yesterday: 1
  • online: 1