コペルニクス


コペルニクス

キラとアスランが、幼少期に育った月面都市。
月面の嵐の大洋に位置する、直径93kmの月面クレーター。満月を観察すると、『光条』と呼ばれる白い放射状の筋が見える事で有名である。クレーター内には大規模な都市があり、自由中立都市として連合・プラントのどちらにも属さない。それ故に国連首脳部とプラント政府の会合の地に選ばれたが、テロによって国連首脳達が死亡するという事件が起こった。(コペルニクスの悲劇) 。
一つのクレーターだけではなくその周囲のクレーターにも存在する居住区を含む月面都市の複合体的な存在。

データ追加

コメント

  • 息をすることが可能である。
  • アスランとキラが別れたのも恐らくコペルニクス。
  • 立場が危うくなったミーアの逃亡地。 (祈夜)
  • DESTINY 46話でキラとアスランが4年ぶりに里帰りをした。 (狭霧)
  • ミーアが死亡したのもここ
  • 何故か、オーブ軍宇宙艦隊が港にいた。
  • 何故か古代ローマ風コロシアムの廃墟がある。
  • 中立を守ろうとしたオーブが散々な目にあっているのに、あの時点でもまだ自由都市。カガリの苦労はこの都市の出現で崩壊した。
  • 車両は左側通行のようである。

プチ掲示板

  • すごーく平和そう (ゆり子)

【コンテンツ】

  • 種サーチトップページ
  • 使用ルール

【大辞典MENU】
★テンプレート

最新の20件

2024-05-08 2024-05-07 2024-04-14 2024-03-20 2024-03-02 2024-02-13 2024-01-06 2023-12-11 2023-10-09 2023-09-05 2023-07-18 2022-06-05 2022-06-02 2022-05-25 2022-03-12 2020-09-11 2020-07-24 2019-11-19 2019-10-20

今日の20件

  • counter: 1453
  • today: 1
  • yesterday: 2
  • online: 1