アル・ダ・フラガ


アル・ダ・フラガ

【所属】ザフト軍
【フルネーム】アル・ダ・フラガ
【CV】三戸耕三(SEED)、関俊彦(DESTINY)
【登場】話〜
【搭乗艦】
【階級・役職】

【年齢】
【生年月日】
【身長】cm
【体重】kg
【血液型】型
【星座】
【趣味、好きな物】

SEED

大西洋連邦の大資産家で、ムウ・ラ・フラガの父親。
傲慢な性格で猜疑心が強く、自分に懐かないムウと逆に彼が懐く妻を次第に疎ましく思うようになる。後にメンデルに赴き、GARM&D研究所のユーレン・ヒビキ博士に多額の援助を持ち掛け、見返りに自分のクローン、ラウ・ラ・フラガ(ラウ・ル・クルーゼ)を誕生させ自分の後継者にしようとした。しかし数年後、屋敷が原因不明の火災に襲われ妻共々死亡した。
マリア・グレイという愛人をつくりディノ・ア・グレイという息子がいる。

DESTINY

コメント

  • 「あんな女の子供など・・・」と言っていた様にムウを憎み、望みを託して自分のクローンであるラウ・ル・クルーゼを作った。 2005年5月8日(日)22:08
  • 自己中心な男であった。彼の姿を見ると、ガンダムSEEDとは、自己中心な考えの人々の行為の積み重ねによる混乱の物語であったと思える。 2005年5月8日(日)22:08
  • 蝶ネクタイ… 2005年5月8日(日)22:08
  • 異常に勘が鋭い家系で、その力を投機などに生かして資産家になったらしい。ニュータイプの末裔という説もある。 2005年5月8日(日)22:09
  • 殺したのはラウ・ル・クルーゼだとファイルに記載されている。2005年5月8日(日)22:09
  • クルーゼのクローンの基となった人物。クローンを違法だとしりながらも財力に物を言わせてユーレン・ヒビキに作らせた。 2005年5月19日(木)01:43
  • 蒼穹のファフナーのミツヒロ・バートランドに近い感じが…。 2005年9月20日(火)21:57
  • SEEDの世界の大きな問題を作った人 2005年10月9日(日)21:10
  • レイ・ザ・バレルも彼のクローンに当たる。 2005年10月12日(水)19:15
  • X ASTRAYに登場したプレア・レヴェリーもその容姿や能力から彼のクローンだと思われる。 2005年10月27日(木)21:40
  • CVが無印種の時は三戸耕三氏だったのが、種死では関俊彦氏になったのはやはり「クローンなんだから声は一緒だろ」つっこみが入ったからだろうか。子供のころは小島幸子嬢と桑島法子嬢どっちの声なのだろう。 2005年12月9日(金)10:47
  • クルーゼによる暗殺説が事実なら、ムウが母を殺したクルーゼを憎む理由に充分当てはまる。2005年12月24日(土)18:12
  • アルの奥さんは、ムウさんを人間らしく育てたまともな女性だったんだよね・・・。 -- 2019-10-30 (水) 11:58:17

プチ掲示板

【コンテンツ】

  • 種サーチトップページ
  • 使用ルール

【大辞典MENU】
★テンプレート

最新の20件

2024-03-02 2024-02-13 2024-01-06 2023-12-26 2023-12-11 2023-10-09 2023-09-05 2023-07-18 2022-06-05 2022-06-02 2022-05-25 2022-03-12 2020-09-11 2020-07-24 2020-07-23 2019-11-19 2019-10-30
  • アル・ダ・フラガ
2019-10-20

今日の20件

  • counter: 3014
  • today: 3
  • yesterday: 6
  • online: 4