人物紹介 / 楊儀


楊儀

諸葛亮の北伐を支えた文官の一人。

元は魏に属していたが関羽を慕って離反する。劉備の下へ使者として赴くと劉備に気に入られ、直属の部下となる。
劉備の没後は諸葛亮に実力を評価されていたことから、南征・北伐の際には諸葛亮を幕僚・参謀として補佐し、編成や補給などの裏方仕事を着実にこなした。
ただ実力は確かなのだが、狭量で私情に走る傾向があり、己の才覚を鼻にかけて傲慢に振舞うなど人格面には問題があったとされる。
良くも悪くも不遜でプライドの高い者同士、特に魏延とは徹底的に反りが合わず、諸葛亮や配下の文官たちが二人の関係の悪さに頭を痛めることも度々であったという。

諸葛亮が死去すると、楊儀は他の文官たちと共に諸葛亮の遺命に従って全軍撤退を開始。
しかし魏延は従わず、自身が後任となって北伐を続行すると主張し、楊儀を反逆者として討伐しようとした。
これに対して楊儀は魏延が反逆したと劉禅に上奏し、馬岱に反撃を命じて速やかに魏延を討ち取ることに成功している。

ここまでは良かったのだが、長年の政敵たる魏延の駆逐に成功したことで、次は彼自身の短所も表面化することになってしまう。
討ち取った魏延の首が送られてくると、楊儀はその首を踏みつけて「もういっぺん悪いことが出来るならやってみろ、この馬鹿野郎が!」と罵倒したという。
また生前の諸葛亮を大いに補佐し魏延も討ち取ったことから、楊儀自身は自分が諸葛亮の後継者になれると思っていたのだが、
諸葛亮は生前から後任には才能だけでなく公正さもある蒋琬を密かに指名しており、逆に狭量で国政に携わるには不相応とされていた楊儀は閑職送りにされた。
蒋琬を格下だと思っていた楊儀は費褘に「こんなことなら丞相が亡くなった時、魏に降っとけばよかった」と愚痴ってしまうが、
もちろん費褘が楊儀の味方なんて事があろうはずもなく、これを劉禅に密告されたことで楊儀は職も身分も剥奪され流罪となってしまう。
楊儀はその後も他の文官たちを罵る上奏を続けたため、ついに劉禅直々の命により逮捕され獄中で自害したという。
(横山三国志ではこの密告のエピソードが編集の都合上、最終巻の冒頭という嫌でも目につく場所に配置されたため、日本でも一気に有名になってしまった)
諸葛亮没後の蜀も蒋琬・費褘や董允の存命中は束の間の治世を得ていたが、抜群の才を持ちながら不穏分子にもなりかねなかった魏延・楊儀が、こうして自滅・共倒れに近い形で消えたことは皮肉ながらその一因ではあるだろう。

演義では諸葛亮の死亡直後、反乱を起こした魏延に
『わしを殺せるものがあるか』と3回言うことが出来たら漢中を譲るぞ」と告げる役割を務めており、
横山三国志でよく知られる「わしを殺せるものがあるか」→「ここにいるぞ」の流れの前段階で登場している。

Menu

最新の20件

2024-06-18 2024-06-13 2024-06-05 2024-05-13 2024-05-12 2024-04-15 2024-04-05 2024-04-03 2024-04-02 2024-03-25 2024-03-15 2024-03-14 2024-02-22 2024-02-15 2024-02-14 2024-02-13 2024-01-26 2024-01-25 2024-01-19

今日の20件

  • counter: 3690
  • today: 1
  • yesterday: 1
  • online: 17