人物紹介 / 司馬亮


司馬亮

司馬懿の三男。奇しくも父が北伐で対峙した諸葛亮と同じ諱である。
第二夫人である伏氏の子であり、司馬師・司馬昭の異母弟に当たる。

魏王朝時代から司馬氏の一族として爵位を与えられ武将として働き、晋王朝が成立すると扶風王に封じられる。
司馬炎の皇族優遇政策により司馬氏一門は隆盛を極め、ブレーキ役となる人物がいなかったため、
一族の年長者である司馬亮は皇族を訓戒・視察する権限を与えられたという。
しかし父や兄たちには似ず勇敢さに欠け軍才はなかったらしく、
魏時代には諸葛誕の反乱鎮圧、晋では樹機能の討伐などに出馬しているが、いずれも失敗し免官・降格といった処分を受けている。
その後もしばらくは積極的な行動を起こしておらず、司馬炎の外戚・楊駿に排斥されそうになると許昌へ逃れ、
司馬炎が崩御した際も部下たちには楊駿打倒を勧められたが、本人は返り討ちを恐れて結局宮中へは入らなかった。
また、賈南風に楊駿誅殺の協力を打診されても拒否し、結局楊駿は司馬瑋(本作での表記は司馬韋)に討たれている。

楊駿の死後は衛瓘と共に皇帝の補佐を務めるが、独断に走り爵位を乱発するなど政務能力はあまり冴えず、
やがて横暴な司馬瑋を排斥しようと画策したことで賈南風に目をつけられてしまう。
そして司馬瑋の部下による「司馬亮と衛瓘は皇帝廃立を画策している」という讒言により、衛瓘ともども逮捕・処刑された。
死後、賈南風の陰謀で司馬瑋が始末された後、文成王の諡を与えられ名誉回復が成されている。

前述のように実績面ではあまり見るところのない人物になってしまっているが、
樹機能討伐失敗の戦犯となった劉旗を庇おうとするなど、人格面では慈悲深いところを見せている。
名実共に皇族の重鎮であり、人望も篤かったとされる司馬亮が非業の死を遂げた衝撃は大きく、
一説にはその死が三国統一後の新たな乱世となる八王の乱のきっかけになったという。