激武錬の章


激武錬の章

英傑伝

第一話 法正軍

攻略

  • 軍師育成が出来ないのと、軍師君再起興軍すら使えない事に注意。
  • 伏兵の法正は中央最前線、王平の柵は左、両端カード1枚空けた最前線に関平、周倉。
    他の部隊は一歩下がった位置に並んでいる。
    • プレイした限り、使用計略は車輪の指揮を軸に、大車輪、長槍も使うことがある。
    • R夏侯淵がいれば相当楽になる。地属性号令などと組み合わせると柵も調達できるのでおすすめ。
    • 普通に弓多めの手腕デッキでもクリアできます。
      基本は援兵手腕デッキを使いコスト1騎兵で槍を釣りつつ弓を打ち続ければ比較的簡単です。

第二話 曹操軍

攻略

  • 武将が伏兵なのにコストオーバー。撤退禁止なのでプレイヤーの伏兵処理能力が問われる。
  • 敵陣中央に極滅業炎を配置し即発動すると、R賈詡(魏)、C劉曄以外の6部隊が出てくる。
  • 使用計略は求心と機略だが、機略は主に妨害メイン。
  • デッキ以外、伏兵を放置しすぎると重ね伏兵され3部隊同時に出てきたりしてアッサリ終了するので、開幕業炎か柵持ち武将を複数投入しての大流星に頼るのが楽。
    ただし乱戦、伏兵での撤退に注意。
  • もしくは開幕で左右どちらかの伏兵を業炎で無理矢理掘り、弓攻撃で撃破した後攻城兵(C陳蘭)を突っ込ませれば楽にSが取れる。
  • 普通にプレイするなら、普通に蜀馬単ケニア+業炎で伏兵掘りがおすすめ。 単純に求心に対抗するなら上限回復は重宝する。

第三話 張角軍

攻略

  • ケニア限定戦。ケニアデッキワラワラデッキと対峙することになる。
  • 柵は中央に横に重ねて3枚、両端に1枚ずつ。
  • 使用計略は部隊数が少ないと黄巾の乱、多ければ多勢の攻め
  • 柵の枚数と、弓の援護が地味に痛い上に、枚数が多く攻城を防ぎにくい。
  • あえて城を殴らせて陥陣営で逆転するのも手だが、黄巾の乱を使われると攻城が取りにくいので、倒す順番には気をつけたい。
  • ただ、張角は比較的引きこもり気味なので、撃破するとしたら速度上昇計略で柵の裏に回り込み撃破が基本になるだろうか。
  • 召喚系計略をあまり使わないにしても、1対8での鬼神降臨で武力44になるSR関羽(魏)は鬼神使いなら見たいところ。但し、槍兵が2部隊いるので迎撃に注意。

第四話 周瑜軍

攻略

  • 周瑜は敵陣中央 張紘は左
  • 火計+槍兵軍団。脳筋編成だと痛い目を見るだろう。
  • 計略は固まっていれば赤壁を撃ってくるが、決死の攻城も比較的多用するので、自虐計略を使う際には注意されたし。
  • 強化計略を使ってこない傾向にあるなら、完殺を使い再起不能なうちに攻城するのも手。
  • もしくは白馬陣からの端攻城や、香車戦法などで攻めてきた部隊を分断、撹乱という英傑伝の基本戦術でも○。
  • 防衛だけなら、UC李儒の暗殺の毒を使い、COMの仕様(毒を食らうと帰る傾向がある)を逆手に取るのもあり。どう攻めるかは別問題だが。
  • 槍兵が多いので柵入り弓デッキで簡単に落城できる。軍師は伏兵がいるのでR禰衡がおすすめ。

第五話 張遼軍

攻略

  • 魏、蜀の高コスト騎兵が襲い掛かる。計略禁止なので挑発などの馬メタ計略も使えない。
  • 主な計略は忠義号令。コストオーバー軍団が武力プラスと回復はウザイことこの上ない。
  • 開幕攻城機会を逃すと攻城を奪いにくい。
    ゴリを走らせつつ槍と象の組み合わせで槍に乱戦させないよう迎撃を取ってくのが基本戦術
  • 後半は神速よりも忠義をバンバン叩いてくるので、奥義は長槍陣よりも素直に再起を選択した方がよいと思われる。
  • Ver3.11現在、象が突撃受けてもそこそこ硬いので、象を軸に、槍で迎撃を取りつつ象で攻城キャンセルなど多用していくと後半守りやすい。
  • 二話と同様に、開幕極滅攻城兵+弓マウントが最も楽にSが取れる。

第六話 司馬懿軍

攻略

  • コスト1.5の優秀な単体強化計略の多い漢軍を見透かすような雲散、反計の嵐。
  • コスト1が4枚と他の激武錬の章に比べれば壊れてると考えにくいが、計略の相性が単体強化の多い漢軍には最悪。
  • GR蔡文姫の封印縛陣を使えば雲散も反計も封じることができるので、ここぞというタイミングでは使っていきたい。
  • 雲散も反計もされない時限式自爆を使用するのも手。相手は高知力が多いものの、唯一の槍兵である典韋を確実に落とせるのは大きい。

第七話 孫権軍

攻略

  • 恐らく激武錬の章最難関ステージ。高武力の弓槍にあっという間に溶かされる。
  • 象兵の選択肢はVer3.59現在、SR孟獲(強奪)・SR孟獲(極意)・R兀突骨・R祝融・UC朶思大王・C木鹿大王・C金環三結・C帯来洞主・C忙牙長(以上群雄)とSR祝融・R孟獲・C孟優・R花鬘(以上蜀)である。
  • プレイヤーが「孟獲」と「祝融」を、どちらの勢力で選択するかは悩みどころ。ダメ計や伏兵がないので知力は気にしなくていい。
  • 基本は自陣に陣略を張ってのカウンター狙い。総武力と兵種の関係上こちらから攻めるのは得策ではない。
  • 一発でも攻城を取ったならばあとは必死にそれを守ること。
    よほど状況に恵まれない限り落城勝ちやSランクを取るのは難しい。
  • 攻略レシピ(例)
    R祝融・R孟獲・R兀突骨・C孟優
    |奉、孫権は柵の後から動かないので自陣に篭ります。射程距離に入らなければ弓を撃ってきません。但し柵を破壊、こちらが複数部隊で攻城ライン付近に行くと手腕を使って迎撃してきます。その後はマウントに参加されて、手腕→手腕と繋がれて地獄いきとなります。2部隊の射程外を維持しましょう。

∈能蕕最もきついですが(敵の足並みが揃っているので)城に篭ると槍兵が全部隊攻城にきますので、出場して乱戦巨象猛進で真横になぎ払って全滅させます。(はじいた敵がズレて攻城されないよう注意、当然迎撃は一発退場なので走る向きには本当に気をつけてください。)。

A笋3体全滅させて、再び城に篭ると太史慈が攻城に来るので囲んで倒します。(いわゆるデルタアタック)ゆっくり目に倒すと次回以降復活するころには槍が全滅してマウントを取られづらくなります。

い箸蠅△┐知勇兼陣を自陣に張るまで△鉢を繰り替えします。余力があっても攻めてはいけません。地獄の手腕カウンターが来ます。来た敵だけを倒せばいいので落ち着いていきましょう。陣を張るまで城が無傷、もしくは壁一発程度なら十分勝機があります。

タ悗鯆イ襪半櫃旅鼎気半襯瀬瓩盥腓錣気蝓敵の足並みも崩れているので安全に倒せます。場内はじきで攻城キャンセル、デルタアタックなどで計略なしで十分いけると思いますが、押し負けそうなときは休息や猛進を使ってもいいでしょう。ただし最後のバンザイアタックに備えて士気を使いすぎないように注意してください。

残り20カウント付近(要は全滅してもカウンターを受けない時間帯)で槍を殲滅したらそのまま全軍攻城に向かいます。左右に2部隊づつにわかれひたすら攻城ラインを目指します。

部隊数に差をつけるため象兵召喚を使います。また孟優に弓を受けさせ休息を連打するのもいいでしょう。士気を全て使いきり、手腕を撃たれようが気にせず全員で攻城します。(CPUはほとんどの場合横弓で攻城阻止にきます。その間耐え切る、もしくは枚数差で弓を撃たれていない部隊の攻城が入るはずです)。

┷把磴任眈殃1〜2発は入ります。なので途中で1発くらいの攻城を取り返すことは十分可能です。強引に戦わせて途中で撤退→大幅に攻城を取られると取り返せなくなるため、特に苦しい前半はその点に注意してください。

第八話 呂布軍

攻略
大量生産デッキで勝利できます。
群漢の2色勢力でデッキを組みます。
軍師:禰衡(兵力増援
武将:張勲、袁術、陳蘭、雷薄、劉璋、王累、辛評

※注意事項※ 攻城エリアに配置する際は必ず、ぎりぎり攻城できるところに配置してください。 奥まで差し込むと攻城までにロスが入るのでそのわずかな差でつぶされる場合が多いです。 大量生産以外に士気を使わないでください。余裕があっても香車戦法などを使わないでください。 張勲を敵エリアに入れないでください。

〆能蕕稜枌屬重要です。最前線の中央よりやや右と右隅と自陣ど真ん中かよりやや右にコスト1の攻城兵、最前線の左隅に王累、自城内に張勲と攻城兵2を配置します。 開始直後に最前線の3体を攻城エリアまで進めます。 右側の部隊で敵の弓兵を必ず右側+自陣側に引っ張り出すことを心がけます。 右側の2部隊がつぶされる前に自城内の2部隊を外に出して中央右の部隊と合わせて敵全軍を右下に引っ張りこみます。

右下にうまく引っ張りこむことができれば王累が攻城できます。 さらに敵全軍が王累に特攻していくのでその間に自城内から張勲を左下ギリギリに出します。 敵が王累を倒すと全軍で張勲に向かってくるのでなるべく張勲に引き付けてから大量生産を発動します。 その際、攻城兵は右3左3に分けてギリギリ攻城できるところに配置しておきます。 右側がガラ空き状態になっているので右部隊が攻城できます。 攻城兵が攻城エリアにたどりつくまでの間は、敵が張勲に向かってくることもあるのでうまくスペースに逃がしてください。

1Σ爾膨シを配置しておき、攻城兵が全滅したら右下に引き付けて△汎韻犬海箸魴り返します。

い海譴魴り返すだけで落城できます。 もしも士気4がたまらない内に攻城兵が全滅しそうな場合は、兵力増援で攻城兵が全滅するまでの時間を稼いでください。 また敵弓兵は張勲の突撃から逃げようとする習性があるので、弓兵が邪魔なときは突撃しにいって攻城兵に矢を当てる時間を減らしてください。

第九話 牛金軍

攻略

  • 牛狩りに怒った牛金がハーレムになって帰ってきた!!
  • 普通に戦えば何てことはないが、縛りの歩兵限定というのが、相手に飛天がいるのも相まって鬼畜極まりないステージ。
  • 伏兵はなるべく開幕で暴くこと。少なくとも飛天発動前には暴かないと飛天+伏兵はかなりきつい。
  • 飛天を舞われたら端攻城は通らないだろうし、そうなると開幕にどれだけ削れるかにかかるであろうが…
  • 開幕から蔡文姫対ゴリ、張春華対華陀、牛金対于吉、祝融対左慈という感じで計画しないときつい。
  • 柵は城前中央。士気5溜まったら蔡文姫がステージに移動し踊ります。魅力7枚も積んでいるので6カウントで舞えます。
    それ以降は、主に牛の逆襲!!槍兵が使えないので、的になるだけなので注意。戦女の息吹も使ってきます。
  • Ver2のEX孫策を持っているなら使いどころ。ただし暴勇の報い落雷には気をつけて。
  • Ver3.5以降ではでSR夏侯惇を中心にしたあしたのデッキで開幕乙気味に組んで序盤でリードを取り、以後はあしたのためにで守るというのが最も無難か。
    雲散や浄化など、歩兵の持っている計略のバリエーションも増えたためかなり戦いやすくなった。

第十話 劉備軍

攻略

  • 軍勢名は超武錬の章 第10話と同じだが、内容が完全に漢軍仕様になっている。
  • 主に使ってくる計略は決起の大車輪。たまに奸雄の謀略も使ってくる。他には編集者が見てないので情報求む。
  • 正確には分からないが、復活カウント減少は、全員が活持ちと同等。
  • ちなみに完殺戦法で撤退させても相手の復活カウントは2しか増えない(通常なら20)。
    完殺抑陣完殺の計、厭戦の舞いでの増加カウントは未確認。
  • SR関羽(魏)とSR甄皇后入りの4枚型だと楽。
  • SR関羽(忠義)、R孫策、SR甄皇后、C麋夫人のW舞いなら、相手は舞姫目指して突貫してくるので舞効果で超武力になった槍・騎兵ですり潰せば落城も意外と楽