求心デッキ ver2.x


デッキver2.x

求心デッキ

SR曹操(魏029)の計略「覇者の求心」をメインに据えたデッキ。

Ver2.01で魏武デッキの主要カードがほとんど弱体化したのを受けて、少しずつ増えた。
Ver2.10では優秀なカードの追加もあり、使い手がさらに増加した。
Ver2.11では、魏武の大号令の下方修正により利用者がさらに増えるものと思われる。

デッキの方向性としては以下のパターンに分類される

  • 武力重視型
    高武力武将を集め、力で押すタイプ。
    魏で高武力となると大抵は騎馬中心の編成になるため、神速系の号令を選択する事が多い。
    元来、魏は武力より計略を活用する勢力なのでこのタイプは少ない。
  • 計略コンボ型
    魏の特長である、低士気計略と求心のコンボで攻めるタイプ。
    求心デッキの構成はこのタイプが一番多いが、総武力が低くなり序盤における戦闘は防衛に回ることが多い。
    求心以外の計略としては「反計」「雲散」「刹那系」が選択され、ハマれば相手を完封することも可能。
  • 計略二択型
    妨害系やダメージ計略の2択で攻めるタイプ。「水計」や「離間」が二択の候補となる。
    求心デッキにおいて、大きなウェイトを占める曹操が撤退しても二択目の計略で戦える点もポイント


キーカード

  • 【魏029】SR曹操 騎8/9 魅
    通称求心曹操。武力知力は高いが特技は魅力のみと、2.5武力8にしては寂しい。また、勇猛を持っていないので一騎討ちには要注意。

  • 【LE014】LE曹操 騎8/9 魅
    通称横山曹操。紅い鎧を着た若き日の曹操。号令時のセリフは横山劉備並に長い。

コスト2.5

この枠を使うと4枚構成になる場合もあるが、魏軍の優秀なコスト1枠を生かして、2.5、2.5、1、1、1という構成も有り。
Ver 2.1以降は優秀な武将が追加された為組み込まれることも多く、魏武曹操から移行してきた人にはこの方が扱いやすいかもしれない。

  • SR関羽 騎9/5 勇
    • ピンチのときに何とかしてくれる鬼神様。基本スペック、戦器共に申し分無し。
      計略で雷が落ちた際には迎撃に注意。刺さったらそのまま試合終了になりかねない。
  • R典韋 槍9/1 柵
    • 高武力の槍撃は心強く、戦器装備なら槍に対しては恐ろしいほど硬くなる。
      戦器装備時の硬さは蜀や呉の胡乱な武力の武将をまとめて一人でねじ伏せてしまうだけでなくUC張飛やR槍馬超ですらケチョンケチョンにしてしまうのだからまさに悪来。騎馬主体で槍が苦手な魏においては貴重な存在。
      ただし知力1なので妨害、ダメ計にはめっぽう弱い。できれば反計や浄化持ちととセットで。
  • SR夏侯惇 騎9/7
    • ピンチの時になんとかしてくれる盲夏侯。ver2.11で弱体化したものの、守りにおいては相変わらず強力。
      スペックもVer1張遼と同等でかなり優秀。ただし一騎討ちはライバルの関羽よりも苦手。
  • SR夏侯淵 騎9/5 勇
    • SR関羽と同スペックで戦器も強力。3倍速を制御しきれれば白銀のような働きぶりも。
  • SR鄧艾 騎8/9 伏
    • 武力知力は覇者曹操と同じ。伏兵がある分序盤の守りは優秀。刹那の神速も一時離脱や馬主体の魏にとっても○。

コスト2

  • R張郃 槍7/5
    • 推奨。計略はかなり弱体化したが、求心からの計略コンボとしては最も安定する。
      ただでさえ槍が少ない魏において彼の基本能力は優秀な部類。
  • UC典韋 槍7/2 勇
    • 全体的に低武力になりがちなので、高武力槍がいる方が安定する(神速との差別化の意味合いでも)。
      護りの張郃か爆発力のUC典韋かはプレイスタイルに合わせて。
  • SR龐徳 騎8/4 勇
    • 相変わらずのポテンシャル。騎兵メインの場合は特に「特攻」が嬉しい。
  • R夏侯惇 騎7/6 魅/勇
    • 武力を下げずに妨害計略がほしい場合には入れても良いだろう。基本スペックもなかなかのもの。
  • UC夏侯淵 騎8/4
    • 勇猛こそ無いが基本スペックは良好。「神速戦法」と戦器の相性が良く、ピンチの際も結構何とかしてくれる。 
  • R徐晃 騎7/5 活/連
    • Ver2になって評価がうなぎのぼりの、魏が誇る2323武将。
      曹操から復活が無くなった為、デッキの回転率を上げるのにも一役買ってくれる。
  • UC陳泰 騎7/7
    • 雲散をデッキに投入するとどうしても総武力が低下してしまうが、彼を投入する事でその問題を解消できる。
  • R郝昭 騎馬7/6
    • 魏武の大強は、長時間武力を+5してくれる強力な計略。使用すればデッキの総武力を補ってくれる。
      ただし、計略を使えない状態だと平凡な騎馬になりさがるので注意。
  • UC王双 騎8/1 勇
    • UCにしてはもったいないほどの能力。戦具が攻撃力UP、勇猛効果UPと優秀すぎる。 ただ知力が1という部分は痛いが、それを克服すれば破壊力は2コスト最強。

コスト1.5

この枠が、デッキの方向性を決める。

  • UC曹仁 騎6/4
    • あまり騒がれないのは修正されないためか。
      無特技ながら相変わらずの良スペック、何かと便利な神速、うまく使えれば強力な戦器。
      この枠で開幕の武力を重視するなら筆頭といってもよいだろう。
      2.11では武力差の攻撃力が重要になった為、地味に使用率上昇中。突撃の威力が上る神速戦法も○
  • C曹彰 槍5/3 勇
    • 他国に比べるとステータスが少し物足りないが、魏では1.5枠最強の槍。
      計略使用中は非常に硬いので連突時の壁役として最適。勇猛持ちなのもポイント高し。
  • UC于禁 騎5/6 伏/連
    • 開幕の武力が曹仁に劣るが、伏兵持ちのため、全く問題ない。
      楽進と計略が被るとはいえ武力8は強い
  • C文聘 弓5/2 柵/募
    • 計略、スペックはお粗末だが、柵に募兵と弓と相性のいい特技を2つも所持。
      他で計略が足りているなら入れる価値は十分ある。
  • R曹仁 騎5/6
    • 無特技で武力も標準だが、計略が強い。求心との重ね掛けは刹那の超絶号令。
      ただし計略時間は短いので過信は禁物。序盤の攻勢や防衛、マウントなど要所要所でピンポイントに使っていけるのが強み。
  • R郭嘉 騎4/8 伏
    • 求心に重ね掛けできるのが強みだが、R曹仁と比べると士気が1重く、重ね掛けは選択に入れにくい。
      しかしサブ計略として使う分には十分強力だろう。
  • UC荀攸 弓3/8 柵
    • 魏では数少ないダメージ計略使い。求心との2択を迫れる。
      効果範囲が広く、相手への抑止力としても機能する。武力はイマイチだが柵持ちなのが○。
  • SR王異 弓4/8 柵/魅
    • 計略の効果は高いが、範囲が狭い。荀攸の大水計と比べると、抑止力としては微妙か。
      特技に魅力を持っており、「水計」や「離間」に比べ計略の必要士気が低いので、立ち回りがしっかり出来れば、活躍の場は十分ある。
  • SR羊祜 騎4/7 醒/魅
    • 開幕はやや弱いが魏の他の1.5騎兵には無い魅力を持っており、基本能力はかなり優れた部類に入る。
      計略の粘りは弱体化されたものの、使いどころを間違えなければ依然強力。
      R張郃のコストが重たく感じる人や、2コスに騎馬を入れたい場合は選択肢として一考の余地あり。
  • R司馬師 弓4/7 醒/伏
    • 低士気で武力を下げる迅速な鎮圧が強力。単発で使ってよし求心後のサポートとして使ってもよし。
      ver2.11で減少値が-6になり、範囲も手前になってしまったがまだまだ強い。
      弓兵なので後方から援護射撃を放てるのもうれしい。
  • R司馬昭 弓4/7 醒/伏
    • 確実な鎮圧は兄と違って即効性は無いが、徐々に武力を下げていく。
      効果範囲が広いうえに効果時間も長めなので、さまざまなデッキに対抗できるのが強み。
      基本は先出しだが、ラインを上げきられていなければ後出しでも有効。
      しかしver2.11で計略が弱体化。あっというまに、使用者が激減した。
  • R杜預 騎5/5 醒
    • 終盤に7/7と2コスト相当のスペックになるのは脅威の一言。序盤でも5/5と足を引っ張らない。
      破竹の勢いは効果時間は2cと短いが3倍速なのでピンポンダッシュや仲間の救援など色々こなせる。
      戦器と計略の効果時間、開幕の武力ではUC曹仁に分があるが、サブアタッカーとしては十分に争える一枚。
  • SR曹丕 弓5/7 魅
    • 刹那(戦器持ちだと4c続く)ではあるがW求心はかなりの破壊力。
      範囲もそこそこ大きいので、R曹仁では物足りない人は試してみてもいいかも。
      旧カードでもSR扱いになるようなので昔からやってる人なら組み込める。
      なにげに基本スペックも高い。
  • R張春華 弓4/7 伏/魅
    • 1.5コスト枠では数少ない雲散計略持ち。彼女の計略は雲散系の中では最も計略範囲が広く(雲散連計を除く)、号令対策として最適。
      雲散と同時に連環がかかるので、戦場中央で仕掛けられると効果的に機能する。
      ver2.11にて息子達が弱体化。使用者は増えるか?
  • R賈詡 騎3/9 伏
    • 低士気で離間を撃てるのはとても便利。武力・速度低下で求心のサポートとしても使えるし、知力低下で相手の計略への抑止力にもなる。
      ただし、1.5コストなのに武力が3しかないので、ただでさえ厳しい総武力を一段と下げてしまうのがネックか。

コスト1

2枚入ることが多くなるだろうが、計略中心に考えると総武力が下がる為、注意が必要。

  • R楽進 騎4/3
    • 推奨。低くなりがちな武力の底上げに。1の頃ならば必須だったが、2以降は1.5コス枠に武力要員を入れる事が出来ることから必須ではなくなった。
      が、相変わらずのハイスペックなのでとりあえず入れておいて損はない1枚。
  • SR賈詡 騎1/9 伏
    • VerUPのたびに調整が入る離間の計だが、強力な計略である事には変わりなし。基本スペックも優秀。
      自軍強化の求心、敵軍弱体の離間と2択を迫れる。
  • C楊阜 騎2/7
    • 離間が重いと感じる人は使ってみても良いかもしれない。
      低士気の弱体化は求心とのコンボも可能な為、場合によっては離間以上の戦果を上げるときも。地味に武力2なのもポイント。
  • SR張春華 弓2/7 伏/魅
    • 求心後に雲散を打ちたい場合は士気が12必要となる為、魏武デッキほど入れやすくはない。
      だが基本スペックが優秀なので十分選択の余地は有るだろう。
      ver2.1で追加されたRの自分自身の方が計略範囲が広く使いやすいのが悩ましい。
      しかし、コスト1にて、まずまずの範囲の雲散+弱体化を入れられることを考えれば優秀
  • C陳羣 弓2/7
    • どうしても雲散が欲しいなら消費士気の軽いこちらを。ただし、個人強化潰しと割切った方が良い。
      最近のR曹仁の活躍から敵の全体強化は雲散する必要がなく、単体超絶しか雲散の必要がない事もありC陳羣の評価も上昇中。
  • UC程昱 槍1/7 伏
    • なんだかんだで、楽進とともに、求心デッキの1コスト2枚のうちの定番。反計+伏兵、武力は低くなるものの反計は魅力。前線まで上がれるかが問題。
      範囲が狭いので反計はあくまでプレッシャー程度と割り切った方がよい。
      Ver 2.11において低武力槍の迎撃力が下方修正された事により、素武力では騎馬に対する抑止力は落ちた。
  • R荀彧 弓1/9
    • 程昱と違い、前線まで上げる必要は無いが、精度の高さは必要。また、使用士気が反計おじいちゃんより、1高い点が大きな違い。まあ、損する事はまずないため、殆ど問題ないが。
  • C曹皇后 騎1/7 魅
    • ダメージ計略を入れたいが、1.5枠に荀攸が入れられない人はこちらを。
      騎馬の機動性と水計の相性も良い。喧嘩っ早いのはご愛嬌。
      陳宮・・・・・・?そいつは誰です?

兵法

汎用的な兵法(再起、増援、連環)から大攻勢、神速と、どんな兵法とも相性が良い。
使い慣れた兵法を選択しよう。



【デッキサンプル】


武将名勢力コスト兵種特技武/知計略名計略効果
SR求心曹操2.58/9覇者の求心:6範囲内の魏の味方すべての武力が上がる。
SR龐徳28/4特攻戦法:4武力と城攻撃力が上がるが、効果中は強制的に前進する。
R曹仁1.55/6刹那の号令:3範囲内の味方すべての武力を短時間上げる。
R楽進14/3魏武の強兵:3自身の武力が長時間上がる。
UC程昱11/7反計:2敵の計略の発動を無効化し、ダメージを与える計略であれば、効果をはね返す。
覇王デッキの形を保持した形。総武力26/総知力29。
覇王デッキのコンセプトのままで武力が上昇した形に見えるが、実際には曹操から復活/伏兵がなくなっていて序盤が厳しい。
R曹仁の代わりにSR曹丕を入れるのもアリ。魅力持ちが増え、序盤に強くなる。
栄斗氏は求心&刹那の形を取っている。


武将名勢力コスト兵種特技武/知計略名計略効果
SR求心曹操2.58/9覇者の求心:6範囲内の魏の味方すべての武力が上がる。
SR龐徳28/4特攻戦法:4武力と城攻撃力が上がるが、効果中は強制的に前進する。
UC荀攸1.53/8大水計:7範囲内の敵に水によるダメージを与える。
R楽進14/3魏武の強兵:3自身の武力が長時間上がる。
UC程昱11/7反計:2敵の計略の発動を無効化し、ダメージを与える計略であれば、効果をはね返す。
総武力24/総知力31。求心曹操と荀攸の相性がいい。士気がたまってからは、基本的に求心と大水計の2択で戦う。
騎兵スキルが必要なので注意。龐徳を槍兵にする手もあるが。流行りの落雷デッキをメタれるのも嬉しい。(Ver2.01現在)


武将名勢力コスト兵種特技武/知計略名計略効果
SR求心曹操2.58/9覇者の求心:6範囲内の魏の味方すべての武力が上がる。
UC陳泰27/7雲散の睨み計:4範囲内の敵部隊にかかっている、敵の計略による効果を消す。
R曹仁1.55/6刹那の号令:3範囲内の味方すべての武力を短時間上げる。
R荀彧11/9玄妙なる反計:3敵の計略の発動を無効化し、ダメージを与える計略であれば、効果をはねかえす。
C曹植1柵魅1/6浄化の計:3範囲内の味方部隊にかかっている、敵の計略による効果を消す。
総武力22/総知力37。
アタッカー兼、雲散要員のUC陳泰を導入することで、反計・雲散・浄化の3枚が揃い踏み!総武力もギリギリ戦える範囲となっている。
雲散と浄化をそろえる事で反計対象の絞込みが容易となり、相手計略の完封も可能だ!
曹植を武力要員やSR賈詡にした方が良いとかは言わない約束で。


武将名勢力コスト兵種特技武/知計略名計略効果
SR求心曹操2.58/9覇者の求心:6範囲内の魏の味方すべての武力が上がる。
R杜預1.55/5破竹の勢い:3自身の武力と移動速度が短時間上がる。
SR張春華1伏/魅2/7雲散霧消の計:6範囲内の敵部隊にかかっている、敵の計略による効果を消して、さらに武力を下げる。
R楽進14/3魏武の強兵:3自身の武力が長時間上がる。
R荀彧11/9玄妙なる反計:3敵の計略の発動を無効化し、ダメージを与える計略であれば、効果をはね返す。
UC程昱11/7反計:2敵の計略の発動を無効化し、ダメージを与える計略であれば、効果をはね返す。
総武力21/総知力40。
6枚求心W反計デッキ。反計でプレッシャーをあたえつつラインをあげての求心で一気に攻める。
総武力が激低なので伏兵の踏ませ方が重要になってくる。


武将名勢力コスト兵種特技武/知計略名計略効果
SR求心曹操2.58/9覇者の求心:6範囲内の魏の味方すべての武力が上がる。
SR鄧艾2.58/9刹那の神速:3範囲内の味方の騎兵すべての武力と移動速度が短時間上がる。
SR賈詡11/9離間の計:6範囲内の敵の武力と知力と移動速度を下げる。この効果は対象が1部隊の場合、半減する。
R楽進14/3魏武の強兵:3自身の武力が長時間上がる。
UC程昱11/7反計:2敵の計略の発動を無効化し、ダメージを与える計略であれば、効果をはね返す。
昔の覇王デッキの味が忘れられない方に。総武力22/総知力37。
伏兵3枚も含めてVer1の覇王デッキのコンセプトをVer2に再現。
曹操が復活持ちでなくなった事と武8の勇猛がなくなっていることが厳しいが、武8アタッカーの大幅な知力底上げと刹那神速の追加はそれを補って余りある。
総武力の低さも何のその。刹那の集団突撃で敵軍を壊滅させよう!


武将名勢力コスト兵種特技武/知計略名計略効果
SR求心曹操2.58/9覇者の求心:6範囲内の魏の味方すべての武力が上がる。
R典韋2.59/1身代わり:3撤退中の味方を1部隊復活させる。使用すると自身は撤退する。
R楽進14/3魏武の強兵:3自身の武力が長時間上がる。
R荀彧11/9玄妙なる反計:3敵の計略の発動を無効化し、ダメージを与える計略であれば、効果をはねかえす。
C陳羣12/7雲散の計:3範囲内の敵部隊にかかっている、敵の計略による効果を消す。
総武力24/総知力29。
かつての許チョイクデッキの流れを組み、覇者の求心+反計で相手の計略を抑え、殲滅を狙うデッキ。
典韋が知力1であるため、相手デッキに連環の計や火計など強力な妨害計略やダメージ計略がある時は、荀彧はそちらを見て、相手が号令を使えば雲散の計で消す。
いかに相手の計略を反計するか、反計のプレッシャーをかけるかが勝負。



vs求心デッキ

旧覇王デッキ的な要素と、旧槍イクデッキ的な要素と、色々ブレンドされている感じなので、
基本的にラインをあげられないようにするのが重要。
魏の特性である、『騎馬を入れると槍に弱い。騎馬を入れないと総武力が低い』をもろに受けるデッキであるため、やはり狙えるなら開幕ごり押しがおすすめ。
相手の反計要員がR荀彧か、UC程昱かでプレイスタイルを変える必要がある。
これは魏のどのデッキにも当てはまるが…。

Menu

最新の20件

2021-04-14 2021-04-13 2021-04-12

今日の20件

  • counter: 11281
  • today: 2
  • yesterday: 0
  • online: 66