ハンドスキル


用語集

ハンドスキル

カードを操作する技術のこと。

槍兵の前での騎兵のビタ止め、連続槍撃、舞姫への確実な弓サーチといった基本的な内容から
城内突撃やもぐり乱戦の精度、多枚数デッキの扱い、計略のサイトあわせなど、あらゆる場面で利用される。

同じカードやデッキであっても扱うプレイヤーのハンドスキルによって多大な差が産まれて勝敗を左右することになる。
そこが三国志大戦の醍醐味のひとつといえるだろう。

試合展開を考える戦術と戦略とは対極に位置する要素といえるが、対立概念というよりは相互補完概念というべきである。
戦略通りに試合を運ぶにはハンドスキルが不可欠であり、ハンドスキルを生かすにはそういう状況を作り出す戦術眼が必須である。
またハンドスキル不足を戦略眼で補ったり、戦略での失敗をハンドスキルで取り返したりすることも多いだろう。
どちらか片方ではなく、両方を身に着けて伸ばしていくことが求められる。

Menu

最新の20件

2019-08-21

今日の20件

  • counter: 17605
  • today: 1
  • yesterday: 3
  • online: 106