カードリスト / Ver3.5 / 群雄 / 068_ホウ徳


武将名ほうとく れいめい西涼爆走族
龐徳 −令明−若い頃より馬騰に仕えた猛者。黄巾の残党が暴れだすと、その鎮圧に努め、戦闘の度に敵陣を陥れていたので西涼随一の勇将と称えられた。馬騰の没後は跡目である馬超の腹心となり、潼関の戦いでは曹操の大軍相手にその剛勇を振るった。

「涼爆だー!当たると痛ぇぞー!!」
コスト2.5
属性
兵種騎兵
能力武力8 知力5
特技復活 勇猛 暴乱
計略人馬の大号令範囲内の味方の騎兵の武力と移動速度が上がり、槍の迎撃ダメージを受けなくなる。
必要士気7
Illustration : 吉田聡

待望の人馬の大号令が帰ってきた!!
何気に龐徳にとっては初の号令持ちであり、人馬デッキのキーカードとなった。
イラストや裏書の台詞から絵師ネタカードかと思いきや、復活・勇猛持ちとなかなか侮れないカードである。
旧人馬号令と比較して知力が下がった事で妨害計略耐性は落ちたが活持ちのため、
計略後の壁役としての運用はやりやすくなった。

人馬の大号令はVer3.59_3で武力+3、移動速度1.7倍、効果時間は7.5c。
神速号令や全軍突撃よりも計略範囲が狭く、少し広がって使おうとすれば両端の武将が範囲からはみ出してしまう。
元々の人馬号令も武力押しは得意ではなかったが、武力依存が高まった今回はそれがさらに顕著になった。
槍消しの1部隊が相殺しても、完全に槍の消える乱戦間合いまで待っていると突撃する時間が少なくなり、
逆に急いで突っ込むと複数部隊が槍と相殺を起こし、ただの乱戦号令と化してしまう恐れがある。
また、相変わらず移動速度上昇値や突撃ダメージの差で神速号令と全軍突撃には一方的に弱い。
しかしそれでも迎撃を考えずに出来る集団突撃は強力なので、上手に扱えば高い効果を得られるだろう。

特技に暴乱があるため、群雄に豊富な暴乱計略を絡ませることで立ち回りに幅を持たせることができる。
速愚の乱強毒の乱を号令と併用することで不足気味の速度や武力を補う用法も可能。
攻弱の乱も、号令で敵部隊を蹴散らした後に使えば効果大。
既存の乱持ち武将のパーツ不足がVer3.59で大幅に改善されたため、武力・計略ともにデッキ構築の幅が大きく広がった。

Ver3.59_B_2現在範囲は縦幅カード2.5枚分、横幅カード6枚分と範囲はかなり広く味方を入れやすくなっている。

ちなみにこのカードは人属性なので、これで龐徳は天・地・人すべての属性を制覇した武将となった。