カードリスト / Ver3.5 / 群雄 / 054_高定


武将名こうていなし
高定越嶲郡に住まう蛮族の首領。元々は蜀配下の武将であったが、雍闓と協力して蜀に反乱を起こした。これを鎮圧に来た李厳を前に一度は敗れてしまうが、南蛮遠征にやってきた諸葛孔明の部隊には蛮族の意地を見せつけ、大変に苦しめた。

「へへっ。野性の力をなめるんじゃねえぞ」
コスト1.5
属性
兵種弓兵
能力武力5 知力2
特技復活 暴乱 崩射
計略援弱の乱【暴乱】(戦場にいる、この特技を持つ味方すべてに効果がある)兵力が回復する。ただし、武力が下がる
必要士気3
Illustration : 三好載克

現代で言えばタイ人に相当する人。
一見スペックがレア度の割に微妙に見えるが、崩射による騎兵サポートや復活を生かした囮もできたりと使い勝手はそれなりに良い。

暴乱持ちに対する回復計略の使い手で、士気3で40%もの兵力を瞬時に回復する。
ただし4.5〜5c程の間武力-10と大幅に武力が落ちてしまうのが欠点で、武力差ダメージが大きくなっている昨今では、状況を考えて使わないと逆に自滅してしまう。
だが低武力相手ならば、そこまで大きな武力差が付く訳ではないので多少なりとも相手の兵力を削れる上に色香などと比べれば弱体時間も短いため、逃げや乱戦を意識すれば割と粘る事が出来る。
群雄に多い復活と暴乱を持つ武将なら、援弱で粘って崩射や壁役で味方の高武力騎兵を援護しつつ、復活の特技を活かす、というやり方になるだろう。

色香と同じく、高定の知力が下がった状態で使えば武力低下の時間は極端に短くなるので、相手の知力低下のアンチとしても成立する。
特に知力の低下する暴乱計略を持つUC馬玩(速愚の乱)やR候選(寡愚の乱)とは最高の相性で、知力低下からの援弱であれば0.5c未満で武力低下の効果が切れる。
この場合の回復量も4割程で殆ど変わらず、相手の攻めを凌いだ後のカウンターなどで特に大きな効果を発揮するだろう。
というより、Ver3.59で登場したR候選の寡愚の乱が元で知力0でも5割あった回復量が大幅に減少された。
寡愚の乱での武力上昇量によっては武力0にならないこともあり、回復がそのまま武力上昇に上乗せされることも多い。
彼らは両者とも騎兵であり、高定は特技崩射があるので、バックアップも含めた相性も抜群である。是非ともどちらかは一緒に採用したい。

単体で使用しても、防衛で相手を殲滅したり退却に追い込んだ後で援弱を使えば、まともに応戦されずに済むので弱体化の効果が苦にならず、迅速なカウンターに繋げられる。
乱持ち武将で固めさえすれば、範囲が戦場全体であることも消耗戦・局地戦に向いた特性と言える。
色香と比較すると回復量は少ない上に必要士気も多いが、暴乱計略故の扱いやすさを活かした活躍が出来る。

全てが上手くいく事はそうそう無いが、主軸である自身が追われても活持ちで余り痛くないし、意外とチャンスは多い。
デッキを選ぶが今までの群雄の弓兵とは違った面白いタイプなので、上手く使いこなしていこう。

Menu

最新の20件

2019-09-18 2019-09-17 2019-09-16 2019-09-15 2019-09-14

今日の20件

  • counter: 51041
  • today: 2
  • yesterday: 1
  • online: 123