カードリスト / 第6弾 / / 関索(比翼の花槍)


武将名かんさく鮮やかなる花戦
関索「まっすぐで、いい打ち込みだ!
     ちょっと本気でいくぜ!」

関羽と胡金定の子。荊州攻防戦で負傷しながらも生き残り、鮑家荘にて傷を癒した。そこで鮑三娘と出会い、一騎討ちで勝利したことで彼女を娶った。のちに諸葛亮が南蛮征伐に向かったと知ると駆け付け、先鋒として活躍した。
コスト2.0
兵種槍兵
能力武力7 知力5 征圧力2
官職武官
特技魅力
将器兵力上昇 長槍術 士気上昇
計略比翼の花槍武力と移動速度が上がり、戦場に「鮑三娘」がいると槍撃ダメージが上がる
必要士気5
Illustration : 五浦マリCharacter Voice : 島信長


3枚目となる関索が対になる正妻と共に登場。
関索が追加されるのは第一回大戦スタンプキャンペーンから約4年ぶり、通常排出としては鮑三娘共々今作稼働開始以来となる。

スペックは平均的で、安定はしているが突出した部分もない。
採用する場合、必然的に計略を意識することになるだろう。
将器は計略を意識するなら長槍術が有力。安定を取るなら兵力上昇。
また、2コスト槍兵で魅力と士気上昇を併せ持つのはVer.3.6.0A時点で全勢力合わせて5枚しかいない。
開幕からガンガン計略を使っていくデッキを組むなら候補になる。

計略「比翼の花槍」は条件付きの槍強化。
基本効果は武力+7、移動速度1.7倍。戦場に味方の「鮑三娘」がいる場合はさらに槍撃ダメージ+7。
効果時間10.4c、知力依存0.4c(Ver.3.6.0B)
武将カード「鮑三娘」名義であればどんなカードであっても追加効果発動はする。

剛槍効果は控えめなものの効果時間が長めかつ武力&速度上昇はなかなかであり、総合的なパワーはかなり高め。
鮑三娘が戦場にいない場合でも武力14の高速槍になるので、乱戦用の計略として普通に使う事もできる。

相方となる鮑三娘はVer.3.7.0A現在で計4枚。
同時に追加された花弓は兵種と計略が噛み合うものの、2コスト武力7の単体強化を並べることになるのが難儀。
後援は征戦デッキの裏の手として用意する形だが、素の白兵はより厳しくなる。
雪霞狼はコスト・武力面でのバランスは良い一方で、方向が異なるとはいえ槍強化を複数採用する歪さがネック。
旋律は剛槍との相性が良く、1コストゆえにデッキに組み込みやすい。
ただし4枚の鮑三娘の中では最も撤退しやすいポジションなので、肝心な時に撤退してしまわないよう注意する必要がある。
総じていずれも一長一短であり、構築や運用のセンスが問われる。

計略特定参照武将

登場バージョン

Ver.3.6.0A

修正履歴

Ver.3.6.0B 効果時間延長 10c→10.4c

Menu

最新の20件

2024-07-18 2024-06-18 2024-06-13 2024-06-05 2024-05-13 2024-05-12 2024-04-15 2024-04-05 2024-04-03 2024-04-02 2024-03-25 2024-03-15 2024-03-14 2024-02-22 2024-02-15 2024-02-14 2024-02-13 2024-01-26 2024-01-25

今日の20件

  • counter: 16444
  • today: 1
  • yesterday: 13
  • online: 8