カードリスト / 第6弾 / 群雄 / 張繍(復讐鬼の剛腕)


武将名ちょうしゅう宛城の怒気
張繍「どこだ曹操!!
 貴様に地獄を見せてやる!!」

董卓配下・張済の甥。曹操が南陽に進駐すると降伏したが、曹操が張済の妻・鄒氏を妾にしたことを恨み、反乱する。軍師である賈詡の献策に従って典韋や曹昂ら多くの重臣を討ち取り、曹操を敗死寸前まで追い詰めた。
コスト2.0
兵種歩兵
能力武力8 知力5 征圧力1
官職武官
特技復活 攻城
将器兵力上昇 城門特攻 攻城術
計略復讐鬼の剛腕【ため計略】(使用すると移動できなくなり、一定時間後に解除され計略が発動する。この計略は反計されない)
敵と味方に衝撃によるダメージを与える。ダメージは互いの武力で上下する
必要士気5
Illustration : 池田宗隆Character Voice : 益山武明


賈詡と共に曹操を追い詰めた男が装い新たに再登場。
これまでは中低コストばかりだったが、今回は自身初の2コスト。

歩兵ではあるものの、武力8にして知力5、特技に復活と攻城を持つ。2コスト武力型の歩兵の中で能力のバランス、安定性は随一。
攻城役が主になる歩兵としてはありがたい組み合わせだが、2コスト以上の歩兵には珍しく勇猛を持たない。
将器は攻城戦向き。攻城兵には及ばないものの攻城ダメージ高めの歩兵にはありがたいラインナップ。

計略「復讐鬼の剛腕」は武力差ダメージ計略。範囲は直径カード3枚程度の自身中心円。
1.7cのための後に、範囲内の武将にダメージを与える。

ダメージの目安(Ver.3.5.0A)

武力 自身\相手12345678910
武力8365205151.712510998.390.78580.677
武力13565305218.3175149131.7119.3110102.897


ため時間を要する上に範囲もそう広くないが、それと引き換えに歴代の武力ダメージ計略のなかでも最高クラスの威力を持つ。
素武力であればほとんどの相手を撤退ないし瀕死にまで追い込むほど。

この計略の真骨頂はやはり、城門に張繍をねじこんだ時にある。
早く離れなければ消し飛ばされるが、離れると攻城持ち2コス高武力歩兵に城をもぎ取られるというジレンマを押し付けることができる。
張繍の将器が攻城術だとさらに止めにくくなり、城門特攻だと痛いどころでは済まされない。

一方でためがあるにも関わらず範囲は狭く、相手はため開始を見てからでも余裕で回避が間に合う。
攻城中などのスルーできない状況や舞姫・ため中の武将なら比較的使いやすい。
それ以外の場面では、速度低下や象兵のはじきで無理矢理範囲内に押さえこむなどの工夫が必要。
にもかかわらず対象は敵味方を問わないため、一緒に攻城したり周囲でサポートすると味方を巻き込みかねない。
梁興の「孤立無援」であれば巻き込まれないが、相手に逃げられるという問題はあまり解決されない。
防衛用と割り切って使うにも、高コスト歩兵という癖のあるスペックが気がかり。

味方の助けがないとマトモに当たらないが、その味方ごと倒してしまうという難儀な性能になっている。
安定した能力と癖が強いが必殺の威力を持つ計略という、相反する性能を併せ持つ侮れない一枚。

登場バージョン

Ver.3.5.0A

修正履歴

Ver.3.5.1A 範囲拡大

Menu

最新の20件

2021-04-17 2021-04-16 2021-04-15

今日の20件

  • counter: 9736
  • today: 1
  • yesterday: 41
  • online: 107