カードリスト / 第6弾 / 群雄 / 公孫度(氷王の裁き)


武将名こうそんど しょうせい血濡れの氷座
公孫度「ひれふせい。
  汝の前に座すは遼東王なるぞ」

遼東太守。讒言で冀州刺史の職を罷免されるが、徐栄の推挙で太守となった。やがて中央の騒乱に乗じ、王権による支配を志す。諸豪族を処刑し、東西の異民族を討伐するなど、漢の後継たる王として威武を振るい、遼東全土を震撼させた。
コスト2.5
兵種槍兵
能力武力9 知力4 征圧力3
官職武官
特技攻城 刻印
将器兵力上昇 長槍術 征圧力上昇
計略氷王の裁き武力と移動速度が上がる。さらに移動していない間、武力と槍の長さが徐々に上がる
必要士気5
Illustration : 三好載克Character Voice : 菅生隆之


2枚目にして遂にSRになった遼東王。

群雄では珍しくない2.5コスト武力9だが、加えて征圧力3に攻城持ち。
その上で知力4も備えているが、刻印も一緒に持っている。
将器は征圧力3→4は大きな変化がなく長槍術も計略で誤魔化せる為、兵力上昇が一番無難。
最低限の計略耐性はあるとはいえ、生存率は十分上がる。

計略「氷王の裁き」は超絶強化。
まず武力が+1・移動速度が1.8倍になり、移動していない限り0.6c毎に武力が+1・槍の長さは1.2c毎に0.1加算される。
効果時間15c(Ver.3.5.0A).

他の「○○の間、武力が上がる」計略と同様、どの程度まで武力を上げて、どこから戦闘に参加するかが重要。
最大の特徴は条件が「移動していない=乱戦中や攻城中でも武力は上がる」こと。
あらかじめ敵城に張り付いてから計略を使用することで、攻城に参加しながら武力を上げることができる。
攻城持ち2.5コスト槍兵という事もあり、安易なスルーを許さないのが強み。
移動速度や槍長さ上昇についても攻城中こそ無意味だが、攻城キャンセル迎撃や防衛時にはありがたい。

欠点はやはり即効性がないこと。
特に先述したように敵城に張り付いてから使用する場合、初動は武力+1のみで敵部隊を相手することになってしまう。
事前に敵を消耗させたうえで使用する、他の計略と併用するなど、武力が上がり切るまでの算段を立ててから使用するようにしたい。
また槍撃ダメージ等の強化が無いため、殲滅力は控えめ。

登場バージョン

Ver.3.5.0A

Menu

最新の20件

2021-04-14 2021-04-13

今日の20件

  • counter: 14879
  • today: 98
  • yesterday: 64
  • online: 94