カードリスト / 第6弾 / / 夏侯淵


武将名かこうえん みょうさい猛志の翼
夏侯淵 妙才「孟徳は何かを起こす男だ。
  その道を拓く・・・・・・それだけだ」

夏侯惇の従弟。曹操が郷里にいた頃、彼が犯した重罪を引き受けて身代わりに投獄されたが、後に救出され処刑を免れたという。曹操が挙兵すると、共に数多の戦場を駆けた。大飢饉の折に我が子ではなく亡き弟の子を生かしたという義烈の人。
コスト2.5
兵種連弩兵
能力武力9 知力7 征圧力2
官職武官
特技勇猛 刻印
将器攻撃力上昇 地の利 遠弩術
計略右翼の撃弩自身の武力が上がり、味方の漢鳴レベルが下がる。この効果は下がった漢鳴レベルの合計値が高いほど大きい。一定以上武力が上がると、さらに射程距離が上がり、同時に射撃できる部隊数が増加し、敵を撃破するたびに敵城にダメージを与える
必要士気5
Illustration : ニシカワエイトCharacter Voice : 佐藤拓也


漢軍に追加された夏侯淵は、漢軍初となる連弩兵として登場。
ちなみに、同時に追加された漢軍の夏候惇(左翼の激昂)とは、通り名やイラスト等色々とセットになっている。
また、計略の範囲内に夏候惇(左翼の激昂)がいた場合、計略の台詞が変わる。

コスト比高武力に平均以上の知力、征圧力2も兼ね備える隙のないスペック。
さらに勇猛まで持っているが、流石にノーリスクというわけはなく刻印持ち。
将器は攻撃力上昇と遠弩術が使いやすい。地の利も射撃に乗ることを考えれば面白いが、高コストが使うにはやや噛み合わせが悪め。

計略「右翼の撃弩」は超絶強化。
範囲内の味方の漢鳴レベルを下げ、自身の武力を上げるもの。計略範囲は転回可能な自身を含む前方円。
武力上昇値は基礎値2+漢鳴合計値×2
武力上昇値+10(漢鳴合計値4)以上で射程距離1.75倍、同時に2部隊射撃できるようになり、さらに敵を撃破するたびに敵城に4%ダメージを与える。
効果時間は10c、知力依存0.4c(Ver.3.6.0B)。

「天鳴無双」と同様、味方の漢鳴を消費する関係上ある程度使いどころは限られる。
連環の法と併用するなど、敵が逃げられず確実に仕留められる状況で使用したい。

登場バージョン

Ver.3.6.0A

修正履歴

Ver 3.6.0B 城ダメージ増加 3%→4%

Menu

最新の20件

2021-12-08 2021-12-07 2021-12-06 2021-12-05 2021-12-04

今日の20件

  • counter: 9074
  • today: 6
  • yesterday: 34
  • online: 36