カードリスト / 第5弾 / / 胡奮(夜叉の刻威)


武将名こふん げんい玄奥なる威武
胡奮 玄威「敵は斬る。それだけだ」

胡烈の兄。生粋の武人であり、西では姜維の北伐、東では諸葛誕の乱を鎮圧するなど、地方を問わず軍略を振るった。晋成立後は北方の異民族に対する防備を務め、次いで南方の呉征伐にも参加。一軍を率いて荊州を平定した。
コスト2.5
兵種騎兵
能力武力9 知力8 征圧力2
官職武官
特技勇猛 刻印
将器突撃術 突破術 守城術
計略夜叉の刻威自身と最も武力の高い味方の武力が上がる。対象が特技「刻印」を持つ味方であれば、さらに兵力が上がる。ただし自身か対象の味方が撤退すると効果が終了する
必要士気5
Illustration : チーコCharacter Voice : 佐藤拓也


1枚目は汎用計略だったが今回は独自計略を持って参戦した胡奮。

スペックは刻印持ちゆえに非常に高く、同コストの艾と比較して知力-1と引き替えに勇猛が追加された形。
王基2種、司馬師(神域)が求める知力7を超えているため、単純なスペックで言えば勇猛を持つこちらに軍配が上がるだろう。
ただし、あちらは覚醒軸デッキ向けの計略でこちらとはコンセプトがかなり異なるので一概にどちらが上とは言えない。
将器は基本的に突撃術か突破術の選択となるだろう。

計略「夜叉の刻威」は二体強化。
基本効果は自身と範囲内の最高武力の味方の武力+6で、さらに対象が刻印持ちの場合兵力が30%回復する。
勢力制限はなし。効果時間は7.9c、知力依存0.4c(Ver.3.7.3A)。
なお刻印持ちの判定は自身も含まれるため、自身に関しては実質無条件で兵力が回復する。

「二対舞踏」と同様に局地戦向きの計略で、兵力回復により消耗戦の押し込みに強いのがウリ。
刻印持ちのスペックを活かし素武力で押し込みつつ、計略を使ってトドメをさすといった形となる。

問題は自身が高コストの騎兵であるため、相方をどうするのかということ。
兵種バランス的には槍兵が理想だが、コスト1.5以下だと壁役としてはやや弱く、コスト2以上だとデッキが歪な形になりやすくなる。
騎兵を相方にしてもいいが、その場合速度上昇がないのが痛い。

Ver.3.5.1Aでは相方として群雄の公孫度(槍)・俄何焼戈(暴威)が台頭。
計略もさることながら単純に武力9が3体も並ぶ布陣は強力で、このバージョンでは使用率ランキング3位、勝率ランキング1位になる大躍進を迎えた。
次のVer.3.5.1Bでは効果時間・兵力回復量に下方修正が入っている。

ちなみに、弟の胡烈(夜叉の暴剣)を対象にすると特殊台詞になる。やはり兄弟での運用が前提なのだろうか。
しかし当の胡烈の性能が刻印持ちにしてはパンチが足りないためか、いまいち人気がないのが実情。
淳于瓊や公孫度といった他勢力の槍兵が相方として優先されがちなのはなんとも皮肉な話である。

登場バージョン

Ver.3.0.0A

修正履歴

Ver.3.5.1B 効果時間短縮 7.9c→7.1c
       兵力回復量減少 30%→20%
Ver.3.7.3A 効果時間延長 7.1c→7.9c
       兵力回復量増加 20%→30%

Menu

最新の20件

2023-02-06 2023-02-03 2023-02-01 2023-01-27 2023-01-24 2023-01-23 2023-01-22 2023-01-21

今日の20件

  • counter: 38780
  • today: 4
  • yesterday: 16
  • online: 14