カードリスト / 第4弾 / / 曹操(魏王の覇道)


武将名そうそう もうとく魏王
曹操 孟徳「我が覇業は終わらぬ。
 天命尽きる時まで進むのみよ!」

三国志の主人公のひとり。剣術、兵法、政治のみならず、文学や芸術まで全てに卓越した才能を持ち、「時代を超越した英傑」とまで評された。その並外れた知略で、群雄たちを次々と破り、王国としての魏を建国するまでに至った。
コスト3.0
兵種騎兵
能力武力8 知力10 征圧力3
官職武官
特技伏兵 魅力 攻城
将器攻撃力上昇 兵力上昇 攻城術
計略魏王の覇道魏の味方の武力と移動速度が上がる。さらに計略効果中に士気を消費することで再度計略を発動できる。再度計略を発動した場合、魏の味方の武力と攻城速度が上がり、兵力が回復する
必要士気7
Illustration : 獅子猿Character Voice : 津田健次郎


三国志大戦1初期に最強を誇った覇者デッキのキーカードが、ヒゲを蓄え装いを新たに再登場。
セリフも初期を意識したものが多い。

「1」を意識したのか3コスト・8/10伏兵魅力持ち…だが復活ではなく攻城に変わっている。
単純スペックでは低めと判断されたか征圧力も3あり、数値上辣腕司馬懿の上位互換なのは流石魏の君主。
攻城持ちコスト3の攻城力は凄まじく、浅刺し城壁1発で内乱を確実に超える城ダメージを叩き出す。

計略「魏王の覇道」は効果中に別の効果の号令を使用出来る二段発動可能という変わった英傑号令。効果対象は魏限定。
追加発動の効果及び消費士気は初回と異なっている。
1回目は武力が+4・移動速度が1.4倍になる。消費士気はカード記載の通り7。効果時間は9.2c、知力依存0.4c。
2回目は武力が+6・攻城速度が1.25倍になり、兵力が20%回復する。
消費士気は5に下がるが、実質消費士気12のフルコンになる。効果時間は7.9c、知力依存0.4c。
(Ver.2.6.0D)
一見重ね掛けの必要があるように見えるが、実際は曹操自身にかかっている効果が残っている間に2回目が発動できるもの。
そのため、他の部隊が1回目の号令効果を受けていなければならない…という事はない。

1度目の計略は神速の大号令のアレンジ版といったところ。
本家と比較し効果時間と対応兵種で勝る一方、速度強化はかなり緩めである為殲滅力自体は大きくは上がらない。
2度目の計略は、1回目と合わせて使いたいときに使える勇略采配といったところか。
2回目の効果が士気効率の面で破格の性能なので、ぜひフルコンを意識した立ち回りをしたい。

1回目の発動でラインを上げて、相手の城近くで2回目を発動するのがわかりやすい表の手。
この場合注意するべきは2回目の発動まで"計略効果が残った状態で"曹操を生き残らせる必要があること。
撤退を避けるのは勿論だが、相手の雲散系の計略で曹操の計略を消されてしまうと二回目の計略が撃てなくなってしまう。
この為相手や状況次第では1回目の計略のみを用いて対応することも考慮する必要があるだろう。

欠点は、最大効果を発揮するにはどうしても士気12を使うフルコンになってしまう事。
その為他の計略の融通が効きづらく、搦め手を活かした攻めが取りづらい。
2度の攻めでそれぞれ最大効果を狙う場合、必然的に士気を全て曹操につぎ込むことになる。2回目の効果にこだわり過ぎず、臨機応変に立ち回っていくことも必要になるだろう。
魏武の〇〇のような長時間計略を上手く使い、他の武将を育てた後にフルコンを狙っていくのも一つの手。
また、曹操自体が3コストと非常に重い(上に素武力8)のも難点であり、デッキメンバーの選定はそれこそ慎重に行う必要がある。
移動速度上昇を活かし、神速号令デッキのように騎兵メインで構築してみるのもおもしろい。

計略のパワー自体は優秀であり、魏の悩みである騎兵の攻城力の低さを補う号令であるため、常に環境の一角には存在する。
まさに乱世の奸雄。

コンパチブル武将

Ver.2.6.0C LE曹操(蒼天航路)

登場バージョン

Ver.2.5.0A

修正履歴

Ver.2.5.1C 1回目 効果時間短縮 10c→9.2c
       2回目 武力上昇値減少 +6→+5
       2回目 兵力回復量減少 35%→20%
Ver.2.6.0D 2回目 武力上昇値増加 +5→+6

Menu

最新の20件

2020-06-03 2020-06-02 2020-06-01 2020-05-31 2020-05-30 2020-05-29 2020-05-28 2020-05-27

今日の20件

  • counter: 44490
  • today: 6
  • yesterday: 22
  • online: 23