カードリスト / 第4弾 / / 郭淮(天破竜墜)


武将名かくわい はくせい対蜀軍総司令官
郭淮 伯済「この鎧と不滅の忠義が、魏国の盾だ」

魏に仕えた武将。蜀に降った姜維が羌族と手を結び魏に侵攻すると、郭淮は蜀軍の動きをことごとく読み、これを撃退。その後、失脚した夏侯玄に代わって征西将軍となり、対蜀軍戦線における総司令官にまで昇進した。
コスト2.5
兵種弓兵
能力武力8 知力9 征圧力2
官職武官
特技防柵 攻城
将器兵力上昇 攻城術 守城術
計略天破竜墜【岐略】(計略発動直後にを押す事で追加効果を選択できる)
武力が上がる。
緋略>さらに射程距離が伸び、同時に弓攻撃できる部隊数が増加し、矢を当てている敵の武力を下げる
蒼略>さらに武力と攻城力と乱戦時の攻撃速度が上がり、弓攻撃ができなくなる
必要士気6
Illustration : タカヤマトシアキCharacter Voice : 斉藤壮馬


長きに渡って魏を支え続けた名将である郭淮が、
遂にSRとなって再登場。
因みにに登場当初からMSやらロボやら呼ばれていたが、
三国志大戦ファンミーティングに因ると意図的にロボにしたらしい

スペックは弓の国にすら居ない8/9かつ防柵・攻城持ち。加えて征圧力2も確り備えている。
将器は特技攻城に攻城術と攻城特化かと思えば、防柵と守城術で守備特化にも寄せられ、
選択次第で攻守どちらでも力を発揮する。
兵力上昇も撃ち合いや乱戦に強くなる。
攻守共に活躍できるが、其の中で郭淮がどの役割を
長く担当するかで将器を選びたい。

計略「天破竜墜」は岐略型の超絶強化。
基本効果は武力+3。
緋略は武力上昇値は其のままだが、射程1.6倍に加えて3部隊に同時射撃可能になり、
更に射撃している部隊の武力を-3する。
蒼略は更に武力が+4(合計+7)・攻城力が1.3倍+固定値3%が追加、
乱戦速度が2.2倍になる代わりに射撃が出来なくなる。
効果時間はどちらも7.5c、知力依存0.4c(Ver.3.0.0A)。

緋略は遠弓と弱体弓と三部隊同時射撃を一度に付加し、走射関連以外の弓の性能を大きく引き上げる。
対象の武力を3下げる効果により、味方武将が立ち回り易くなる点も強み。
乱戦してしまうと追加効果が無駄に成って仕舞うため、
柵や遠弓効果を活かして接近は極力避けたい。
其の殲滅力と長射程により、低機動力デッキ全般や溜め計略・舞い計略に対して高い圧力を持っている。

蒼略は弓を捨て大幅強化した乱戦特化の効果と成っており、
攻城のみならず守城でも運用可能。
蒼略効果中の城門への攻城ダメージは、副将器赤なしでも約34%に及ぶ。
3発入れば落城である。
守城時などで射撃スペースが確保出来ない場合や、
特定部隊を素早く処理したい場面での選択肢としても有用。
乱戦速度上昇があるため乱戦による攻城妨害に強く、
此の計略を軸にする場合は将器攻城術は不要になる事が多い。

計略の性能(特に緋略)が非常に強力であり、Ver.2.5.0Aの環境を席巻し続けた結果、
緊急修正が入り緋略の射程と武力上昇値が大幅に低下。
続くVer.2.5.1Bで再び下方修正が入った。
それでも尚計略の強みは健在であり、漸く他の武将と比べられる強さに落ち着いたとも言える。
遠距離と近距離両極端な岐略を持つお陰でそれぞれの状況に対応できるのはもちろん、
城攻めの際に先陣を切る味方部隊を後方から援護し敵味方双方が疲弊したところで、
後方で温存していた兵力に物を言わせ自ら攻城し勝負を決めに行くと言う流れを一人で作れるのが彼の強み。
単騎でマッチメークを行えるその性能は、魏国で他に換えられる武将は居ないと言っても過言では無いだろう。

登場バージョン

Ver.2.5.0A

修正履歴

Ver.2.5.0B 武力上昇値減少 +6→+3
       緋略 弓射程距離短縮 1.75倍→1.6倍
Ver.2.5.1B 効果時間短縮 8.8c→7.9c
       緋略 矢を当てている部隊の武力低下値減少 -4→-3
       蒼略 武力上昇値減少 +8→+7
Ver.3.0.0A 効果時間短縮 7.9c→7.5c

Menu

最新の20件

2020-08-16 2020-08-15 2020-08-14 2020-08-13

今日の20件

  • counter: 61648
  • today: 10
  • yesterday: 55
  • online: 40