カードリスト / 第4弾 / / 荀ギ


武将名じゅんぎ けいせん
荀顗 景倩「魏でも、晋でも構わないさ。
 どうせ清き天下など無いのだから」

荀彧の六男。荀彧が憂いの内に死去した後、陳羣に育てられた。幼い頃から司馬懿に高く評価され、司馬一族の権力掌握に協力した。司馬炎が即位すると、祖父の代からの功臣として賈充と共に重用され、宮中で強い発言力を持った。
コスト1.0
兵種槍兵
能力武力1 知力5 征圧力1
官職文官
特技伏兵 覚醒
将器知力上昇 速度上昇 突破術
計略狡猾なる反計【反計】(敵が計略を使用してきた時のみ使用可能。反計は反計できない)
敵の計略の発動を無効化する。ただし自軍の覚醒ゲージが減少する。この計略は一定以上覚醒ゲージが無いと使用することができない
必要士気3
Illustration : ジョージCharacter Voice : 速水奨


荀イクの息子が晋軍として登場。
息子らしく反計を持っているが、英知の父には喧嘩を売っているようなセリフが印象的。
スペックは序盤は伏兵こそあるものの頼りないが、覚醒3になれば3/7/3と十分な強さになる。
将器は全体的に微妙。 知力上昇も伏兵威力を高める以外に使い道がないので無理に覚醒させる必要はない。

計略は自身中心の円型反計。直径5マスと通常の反計よりは少し大きい。
計略を使うには覚醒ゲージがLv1以上、効果発動時に覚醒ゲージが100%減少する(Ver.2.5.0A)
覚醒ゲージ低下がかなり難儀で、反計したらメイン武将の岐略が打てなくなるという事態が発生しがち。
消費士気こそ3だが、覚醒ゲージの仕込みを考えるともっと重くなる。
大型計略や漢鳴計略など決定的な場合や、試合終了間際など使用するタイミングが非常に難しい。

自身が覚醒を持っているので、覚醒デッキよりもゲージ低下の影響が小さい非覚醒デッキか混色の方が役割を果たせるだろう。
覚醒を軸にしないデッキであれば、覚醒レベルが1上がる=「約31カウントに1回反計ができる」 という認識を持ちたい。
また 覚醒持ちを他に用いる場合でも、計略を用いる事でレベル低下による武力等のスペック低下は避けられない為、
こちらも念頭におくべきである。

登場バージョン

Ver.2.5.0A

修正履歴

Ver.2.5.0C 範囲拡大

Menu

最新の20件

2019-11-16 2019-11-15 2019-11-14 2019-11-13

今日の20件

  • counter: 16854
  • today: 7
  • yesterday: 28
  • online: 30