カードリスト / 第3弾 / / 劉禅(練兵の号令)


武将名りゅうぜん こうし安楽公
劉禅 公嗣「おっけー!
  よきにはからえー!」

劉備の息子で、蜀の二代皇帝。諸葛亮や蒋琬など有能な人材に軍政を任せていたが、彼らの死後、佞臣を重用したため蜀は滅亡。暗愚の代名詞であるが、周囲の人間によっていかようにでも変わる、白糸のような人物だったともいわれる。
コスト1.5
兵種槍兵
能力武力4 知力6 征圧力2
官職文官
特技防柵 魅力
将器長槍術 防柵強化 征圧力上昇
計略練兵の号令蜀の味方の武力が上がる。この効果は対象の味方の兵力が多いほど大きい
必要士気5
Illustration : 紺藤ココン


今まで「武力がランダムに上がる計略」「蜀所属なのに魏限定号令」「パタリロ8世」「1/1/1」など散々に弄られ続けた劉禅が、
ついにまともなスペックと実用的な計略を引っさげてきた。武力4、知力6はともに歴代ぶっちぎりの最高値である。

だがあくまで「劉禅にしては」強い、というだけなので注意。
1.5コストの号令持ちとしては妥当な範囲だが、武力4知力6という数字はやや物足りない。
柵や魅力といった使いやすい特技で多少はカバーしているとはいえ
基本は、独自色の強い号令を活かしたキーカードとしての採用になるだろう。

その計略は、味方の兵力が高いほど武力をあげる変則的な号令、と言っても今までに比べれば随分とマトモな計略。
武力上昇値は兵力100%で+6。
兵力が100%から80〜99%に減った時のみ+4になるが、それ以外は20%増減毎に+−1ずつされていく。上限は兵力200%の武力+11。
効果時間6.7c 知力依存0.4c(Ver.2.0.1B)

兵力100%で打てれば士気5で+6と強力な計略なのだが、わずかでも兵力が減ると武力上昇値が下がってしまうため打つタイミングが難しい。
計略使用が早すぎれば相手はぶつかり合いを避けて士気差を作られ、遅すぎれば兵力が減って十分な上昇値を得られない。
乱戦しない=兵力を減らさない弓兵や、計略を先打ちしても相手を追撃出来る騎兵を上手く使っていきたい。
また兵力80%以上の+4でも十分な上昇値なので、ある程度の兵力を確保出来ているなら無理に100%にこだわらないほうが良いだろう。
因みに主将器に兵力上昇をつけ、さらに副将器も二つ以上兵力上昇にする事で素の状態から+7まで上がるようになる。
その為出来れば主戦力になる部隊は出来る限り兵力上昇で揃えたい。

あるいは最大効果を目指す場合、回復とのフルコンで分かりやすく力を発揮する。
というか、妻の王貴人が持つ「忠義の援軍」と組み合わせろと言わんばかりの効果である。
士気10を使うものの、兵力160%、武力+9、上記の兵力将器部隊は兵力180%越えの武力+10とそれに見合う破壊力を見せる。
他に孟獲のもつ「決死の大号令」とも、瞬間的に最大で武力+15に達するなど相性が良い。

周囲の人間(の兵力)によって効果が変わるという、ある意味では彼らしい号令。
白糸のごとく兵力を真っ白に染め上げれば、桃園の父にも匹敵する力を見せてくれる。
デッキを構成する人材、そして導くプレイヤーの手腕次第で名君にも暗愚にもなりうる、歴代劉禅としてはかなり好意的な解釈のカードと言える。

登場バージョン

Ver.2.0.0A

修正履歴

Ver.2.0.0C 兵力100%以上時の武力上昇値増加(武力+5〜+10→武力+6〜+11)
Ver.2.0.1B 効果時間短縮 7.1c→6.7c