カードリスト / 第3弾 / / 荀灌


武将名じゅんかん迷宮の少女
荀灌「お腹いっぱいにならなかったら、
   キミを食べていいんだよね?」

曹操に仕えた名宰相・荀彧の子孫。父親が太守をつとめる襄城が反乱軍に包囲されて糧食が尽きようとしたとき、わずか13歳の荀灌が数十名の決死隊を率い、包囲を脱出して援軍を呼び、反乱軍を敗走させた。
コスト2.0
兵種槍兵
能力武力7 知力2 征圧力2
官職-
特技勇猛 魅力 攻城
将器攻撃力上昇
計略契約の代償武力と攻城ゲージの上昇速度が上がる。さらに一定時間ごとに自軍の士気を消費し、兵力が回復する。ただし士気が足りない場合は代わりに味方が全て撤退し、効果が終了する
必要士気4
Illustration : 安村洋平Character Voice : 小清水亜美


「迷宮ブラックカンパニー」から、ヒロインであるリムが荀灌として登場。
ちなみに後ろに書かれている人物は主人公・二ノ宮キンジと亜人のワニベ。

数値スペックは控えめな武官寄り。知力2のせいで伏兵・計略耐性もかなり低い。
その代わり、魅力・勇猛・攻城と、これでもかというほど特技を詰めこんでいる。特に前線を張る2コスト槍なので攻城は嬉しい。
将器は攻撃力上昇+城3に固定されている。

計略「契約の代償」は長時間の超絶強化。
武力+7に加えて攻城速度が上がる(約1.3倍)効果を持つが、それ以外の追加効果が非常にクセモノ。
6.3cに1回、士気を2自動で消費し、自身の兵力を45%回復する効果がある。
ただしその判定時に士気が2なかった場合は、自身以外の味方が全員撤退し、計略も終わってしまう。
ちなみに全軍撤退してもしっかり兵力は回復する。
効果時間は25c、知力依存4.2c(Ver.2.6.0C)。4回回復するので完走には士気が合計で12必要。
4cごとに士気が1溜まるのでざっくり計算すると、士気6以上の状態で使用して他の計略を使わなければ完走できる。
逆に言えば発動時に士気6に満たない場合、自身か味方の撤退が確定する。

長時間強化の一種ではあるが、最終的な士気消費量は12とそれほど士気効率が良いわけではない。
一方で、少ない士気で発動することが出来るのは他にない強みで、瞬間的に高い効果を得られる。

よく見られる運用としては、魅力盛りにして開幕で計略を使い、そのまま大きなリードを狙うもの。
士気4前後で武力14に対抗できる計略は非常に限られ、さらに6cで随時兵力が回復していく。
数cで溜まった士気をすぐに活用できるため、お互いに士気が少ない状態での強さは圧倒的。
もし長時間居座られると、兵力回復と攻城ゲージ速度上昇の効果で大量の城ダメージを受けてしまう。

一方で、開幕以外での運用する場合は非常に癖が強い。
一度発動すると勝手に士気を使ってしまい、自分以外全滅のリスクまであるためタイミングを非常に選ぶ。
また、6.3cというのは士気2溜まらない嫌らしい間隔である為、最初を乗り越えても後が怖い。
そのため常に士気計算が必要になりコンボもやりづらい…と、何から何まで頭を抱えさせる。

追加当初はピーキーさから芳しくない評価を受けていたが、前述の開幕型が開発されると評価は一転。
同時期に追加された麒麟児姜維が大暴れする中そのメタデッキとして人気を集め、Ver.2.0.0Aにおいて司馬師や羊祜を抑えて晋の勝率1位(全体で4位)を獲得した。
そのためVer.2.0.0Cにおいて、兵力回復量、攻城ゲージ上昇速度において、下方修正を受けた。

不具合(Ver3.0.0C当時)

計略効果中に戦技を発動した際、計略効果による士気の消費が意図しないタイミングで行われる

Ver3.0.0Cで戦技(遊軍)システムとの兼ね合いにおいて不具合が判明し、使用停止となった。
新型コロナウイルス流行の影響もあってか修正は難航し、9月30日のVer.3.1.0Aの稼働までの間、実に半年ほど投獄されていた。
当然、大戦史における最長投獄記録である。
ちなみに実際に不具合が起きた際にどんな挙動になるのかは公式から発表されていないため、不明である。

登場バージョン

Ver.2.0.0A (マッグガーデンコラボ 「迷宮ブラックカンパニー」コミックス第3巻付録)

修正履歴

Ver.2.0.0C 兵力回復量減少 50%→40%
       攻城速度上昇値減少 1.5倍→1.25倍
Ver.2.1.0D 兵力回復量増加 40%→45%
Ver.2.6.0C 攻城速度上昇値増加(修正を行います) 1.25倍→約1.3倍

Menu

最新の20件

2020-11-25 2020-11-24

今日の20件

  • counter: 50179
  • today: 5
  • yesterday: 19
  • online: 28