カードリスト / 第3弾 / / 呂蒙(剛弓の大号令)


武将名りょもう しめい大都督
呂蒙 子明「積み重ねし研鑽、その全てを注ぎ
       十年の恥辱を雪がん」

孫呉を代表する将軍。魯粛の後を継ぎ陸口に赴任して以降、荊州奪還の機を虎視眈々と狙っていた。関羽が樊城攻めに動くと、当時無名だった陸遜を使って油断を誘い、退路を断って孤立させた後に捕縛。見事に荊州を孫呉の手に取り戻した。
コスト2.0
兵種弓兵
能力武力7 知力6 征圧力2
官職武官
特技勇猛
将器攻撃力上昇 遠弓術 征圧力上昇
計略剛弓の大号令呉の味方の武力が上がる。弓兵であればさらに走射中の矢ダメージが上がる
必要士気7
Illustration : タカヤマトシアキ


遂に呂蒙が大都督として帰って来た!…のだが、旧作の「大都督」呂蒙と比べるとコストダウンしており、
コスト比であればそこそこのはずだが知力がイマイチに見えてしまうのは気のせいか。
2.5弓というのはデッキバランスに多大な影響を与えるので、2コスになった事で取り回しが良くなったと見るべきだろう。

スペックは号令持ちらしくバランス型。若き日の名残りと言う事か勇猛も残っている。
将器は弓兵と好相性な攻撃力上昇か遠弓術のどちらかが無難なところ。

計略はR丁奉が旧作の自分の計略を持って行ったので、呉限定の弓兵号令「剛弓の大号令」を持つ。
麻痺矢の大号令」同様武力上昇は+4だが、麻痺矢効果の代わりに剛弓効果が付く。効果時間は約8.5c。(Ver2.0.0D)

漠然と使うだけではただの武力+4号令でしかない為、士気効率を考えると剛弓効果を最大限生かしたいところ。
その為、複数部隊の走射には慣れておく必要があるだろう。
幸い呉軍であれば他兵種でも武力上昇の影響を受ける為、全員弓兵にする必要は無い。

ただ剛弓が撃てるだけなので、同じ相手に効果時間中ずっと射かけるのは至難の業。
大抵の場合レンジに入ったら敵は乱戦を仕掛けるか弓の射程外へ逃げるだろう。
こうなると士気7に全く見合わない。
麻痺矢の大号令は一度弓のレンジに入ればほぼ逃がすことはないのだが
この号令は自分で弓の射程から逃げられないお膳立てを作らなければならない。
ちなみに剛弓を撃つことに意義があるため、本来弓と相性の良い「ふんばれ!」との相性は最悪。

最も効果的で簡単なのは、攻城部隊を城に挿し込み
攻城妨害の部隊に後方から弓兵が一斉に剛弓を射かけることだろう。
これなら剛弓が当たりやすく、相手が城に籠ってワンスルーしても攻城が入る。
複数部隊の剛弓斉射が同じ部隊に一斉に射かかれば、瞬間火力も高く一気にダメージが入る。
剛弓は武力差が大きいほど威力が上がるので、衝軍の法や弱体弓戦法と一緒に射かけるのも一つの手。
出来れば弓兵に多くコストを割きたいので、攻城部隊に高コストは割きたくないが、場合によっては
董襲や沈瑩といった攻城兵や周泰などの攻城術持ちの槍兵に任せるのも手か。

もしくは遠弓の舞いと合わせてみるのも一考。
同じ部隊に射かけ続けるのが難しい剛弓は射程上昇計略との相性がいい。
ただこれは弓が当たるからと言って離れた場所で使うと城に籠られワンスルーされやすい。
逃げきれず、かといって乱戦もされない場面で使いたい。

とにかく士気7が重い割に、相手を逃がさず乱戦もされないお膳立てが必要で、麻痺矢の大号令より使用難易度は高い。
こちらの城際での守城時は柵や櫓がなければ確実に乱戦されるため、守りで費用対効果に見合う働きは難しいので
守り用に何か別の手を用意しておくことは必須になる。
出来ればその上で、ラインを上げ、マウントを取るお膳立てのできる手を仕込めるとなおよい。

ちなみに誰もが考える「麻痺矢の大号令」と「剛弓の大号令」の合わせ技だが、
士気消費が14にもなる上に、片方を使用後に士気7溜まる頃にはも片方の効果時間が切れかける為
士気速度上昇大会でもない限りはまず出来ないと言っていい。
また、それをするくらいならば第3弾で追加の法具「剛弓の大攻勢」を使った方が現実的である。

修正履歴

Ver.2.0.0D 効果時間延長 8c⇒8.5c
Ver.2.0.1B 効果時間延長 8.5c⇒